O型男子との付き合い方。実は繊細でやさしい。



血液型がO型の男性は、一般的に俺様で親分肌、そして決断力があり、強靭な男のイメージです。
事実、ヒーローものの映画や、とかく強さをアピールしたがる国、アメリカ人の血液型も45%がO型なんです。
たった、45%?と思うかもしれませんが、日本人はA型が多い国と言われていても38%ですから、日本のA型の人口がそっくりそのままO型に置き換わった感じですね。

そんな血液型がO型の彼氏を持った場合、上手に付き合うためにはどうしたらよいのでしょうか?

基本的な性格は?


強くて男らしいO型の男性ですが、実はとても繊細で人情味溢れるタイプ。
B型と比較されることも多く、かつ傷つきやすい、女々しい部分があるのです。でも、B型と違う点は、あまり外に弱音を吐かないということと、人付き合いや世渡りが上手という点ではないでしょうか?

世間体を気にしやすく、結構、「常識はなんだ?」や人の考えていること、感情を読み取る努力を怠らない部分がO型の最たる特徴です。ですから、実際には非常に繊細で、ちょっとした言葉に敏感に反応する割には顔には出しません。そして、じっくり相手を観察した後に、もっともベストな付き合い方を見出します。ですから、大人な男性とみられることも多く、恋人としては理想の彼氏ではないでしょうか?

だだし、性格自体は繊細ですから、ちょっとしたあなたの言葉に傷ついてしまっていて感傷に浸っている場合もあります。口数が少なくなったり、しゃべり方がたどたどしくなったら、少し時間を与えてあげましょう。そうすれば、O型の男性は、解決策を見出して行動に移します。ですから、決して稚拙なことをしてしまったり、スネてしまうということもないのです。

ビジネスの世界で活躍するのもO型です。感情を表に出さずに、状況を分析して、合理的な判断をしようと心がけているからです。出世する男にO型は多いんです。日本の芸能界の重鎮と呼ばれる人にO型が多いって知っていましたか?ビートたけしをはじめ、タモリさんなんかもO型です。経営者では、本田宗一郎や孫正義なんていう歴史に名前が残る人がごろごろいます。

告白から付き合い始め


幸か不幸かO型の血液型を持ってしまった彼は、常に社会通念上、自分はオトコであることを常に意識して行動しようとします。もちろん告白も彼女から・・ではなく、自分から男らしくウジウジしないで済ませようと考えるきらいがあります。ただ、もし、断られた時のために事前に相手の女性が自分を好きになってくれるかどうか確認を怠らないちゃっかりさもO型特有の発想。

それとなく、告白してもいい?のサインが告白前のデートに出ていることも多いので、サインに気が付いても黙っていてあげたいものです。そこは、彼に花を持たせてあげましょう。

いざ、告白の時はいつもと違うデートスポットを用意したり、特別なレストランに連れていったりと、結構、セオリー通りのやり方をすることが多いので、あなたも来た!!と気が付いたら着てゆく服に気を使って心の準備を忘れずに。世の中の常識を重んじるO型だけに、少し古いタイプの男なのかもしれませんね。

上手に交際を進めるには?


さて、晴れてO型の男子と付き合うことに成功したら、できるだけ長く関係を続けたいものです。できれば、そのまま結婚・・なんてことも想定したいですよね。

O型と上手にお付き合いをするには、常に彼のプライドを汚すことがないように意識すること!
常識の中で生きようとし、かつ繊細ですから、もちろんプライドが高い血液型です。

ですから、普段のワガママは許してくれても、彼の行動や考え方などパーソナルな部分を批判しすぎると、顔には出さなくても結構真剣に傷ついています。そして、彼は結婚後の関係をイメージし始めるでしょう。出す結論は「結婚してもこの女とは上手くいかないだろう。早目に清算しておいた方が合理的だ」と考てしまうハメに。

夜のエッチに関しては積極的。でも、変な趣味はしていないので、セオリー通りに済ましますから、女性としては安心ですね。

また、記念日を覚えているのもO型の特徴。忘れているだろうな・・。と思いきやプレゼントをしっかり用意していてくれたりしますから、女性を喜ばせることに関しては天才的かもしれませんよ。

とにかく、世間体を重んじながら、でも繊細で、プライドも高い。一見、聞こえは悪いですが、言い換えれば、常識があって、感情も理解でき、向上心があるということですから、彼氏としては合格点を出す人が多いのです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る