謎多き男!AB型男性と円満に幸せに付き合う方法

AB型は二重人格

AB型の男性は、とにかくクールで、あらゆる血液型の中でもっとも現代的な生き方を好むと言われてます。一方、感情を表に出さないため、何を考えているのか分かりにくく、謎が多いと言われるのもAB型男性。

そんなAB型男性と恋に落ちたら、どう付き合えばよいのでしょうか?

そこで、本日は、AB型男性と上手に付き合う方法について考えてみたいと思います。

基本的な性格とは

最初にAB型男性の性格のおさらいから始めたいと思います。

AB型男性の性格をコンパクトに表現するとすれば、論理派(二重人格と言われる所以)、ピュア、あまのじゃく・・・。これがAB型男性の基本的な性格ではないでしょうか?

まず、論理派の側面ですが、効率の悪いことが本当に嫌いです。ダラダラ話したり、無駄なお付き合いなど、不必要と思えることには目もくれません。ある意味で、効率を追求する性格といえるのではないでしょうか?仕事などで、経営者の参謀になるタイプでもあり、まさに仕事のデキるビジネスパーソンの典型になるのがAB型男性です。

そして、あまのじゃく。これは、思ったことを素直に表現することが苦手という意味合いですね。頭の中では色々と考えているのですが、それを上手に表現できません。一方、口に出すときはオブラートに包むことが苦手なので、相手に都合の悪いことでもズバッと言ってしまい嫌われてしまいます。謎多き人物の印象はここから来るのではないでしょうか?

でも、性格はしごくピュアです。表現が苦手なので誤解されやすいのですが、悪巧みや他人を利用てやろうなどの発想は皆無です。自分は自分、人は人という発想を持っていますので、例えば夢や目標がある男性だと、一心不乱にゴールを目指す力があります。また、愛した人にも誠実で、言い方はキツイかもしれませんが、嘘はつかない血液型です。ですから、慣れれば、これほど信頼できる人もいませんね。

付かず離れずの関係

さて、本題に移りますが、AB型の基本的な性格がわかったところで、少し面倒くさそうな性格だなっと思った方も多いと思います。

実は、AB型男性自身も自分の性格をよく分かっており、周りからどう思われているのかを気にしています。一方、気難しい部分もあり、誰かと長時間一緒に過ごすことは疲れてしまうようです。

そのため、例え付き合っている相手が最愛の女性であっても、自分の気難しさが相まって、ずっと一緒にいることはストレスになってしまいます。つまり、一人の時間が必要ということです。

だからといって、ずっと一人でいたいわけでもありませんから、自分の彼女とは適度な距離感を保ちつつ付き合いたいと考えています。ベタベタする恋愛も悪くはありませんが、AB型男性と付き合うなら、大人同士の恋愛を意識し、付かず離れずの絶妙な距離感を維持することをオススメします。

ツンデレ女性が好み

先ほどAB型の男性は、効率の悪いことは嫌いだと書きました。恋愛にどう影響するのでしょうか?

それは、恋愛の目的やどのような未来を描きたいのかを明確にしたい気持ちにつながります。AB型男性は先の見えない刹那的な恋愛をあまり好みません。二人の目標が結婚をすることであれば、いつまでに結婚する?どんな夫婦になりたい?のかを明確化したがります。結婚までは決めていないなんて場合は、付き合うことでお互いが人間的、精神的に成長できる関係かを考えます。

だから、あなたとのお付き合いが、意味もない恋愛だと感じたら、早々に分かれてしまう可能性もありえます。

そんなAB型ですから、いつでも甘えてばかりでダラダラした女性を好みません。自分の彼女に対しても大人っぽさを求めますし、甘えてばかりは許しません。

そうは言っても、あなたとしても、女性として彼氏に甘えたい気持ちはあるでしょう。一番うまくいく付き合い方は、普段は大人っぽさを強調するようなスタイルを貫きながら夜はデレデレするなど、ツンデレの女性とは相性がよいと思います。要するにツンデレの女性がAB型男性にはぴったりなのです。

話し合いの時間は大切にすること

AB型の男性は、実は空気を読むことは得意ではありません。でも、相手の人間性を見抜く力はどの血液型にも増して強力です。瞬間的に空気は読めないけど、じっくり人間観察をするのは得意といったところでしょうか?

そんなAB型と長く付き合ってゆくには、頻繁に話し合いをすることが大切です。

あなたの性格や人間性は十分に理解できる能力を持っていますから、二人で普通に過ごしている中であなたの性格を的確に見抜いてくれるでしょう。ただし日々の生活の中であなたが抱く不満には鈍感になるので、そういった小さなズレを話し合いをしながら軌道修正してゆくことが大切なのです。