怒らせると面倒な血液型は?O型とB型の危険度とは?

血液型別怒り方

女性にとって、男が本気で怒っている時ほど怖いときはありません。もしかしたら、暴力を振るわれるのではないか?叩かれたりしないか・・・なんて、頭をよぎってしまいますね。

ところで、血液型研究を怠らない筆者の見立てによると、血液型別で怒りの現れ方に違いがある模様。一見するとB型が危険なのではないか?と思われがちです。確かにB型は感情に任せて怒る傾向にあるため、暴力系の危険度は高めです。ですが、暴力以外まで尺度を広げるとO型も結構、危険度アリなんです。

本日は、O型とB型の怒りの危険度について考えてみたいと思います。

O型は無視系、威圧系、パワハラ系の怒り方

血液型がO型の男性は、リーダーの素質があると言われますね。実は、裏を返せば仲間意識に重きをおく血液型ということです。つまり、村社会の中心に鎮座していたい意識がリーダーシップという形で現れるのです。

O型は怒らせると、面倒という意味で怖い血液型です。理由は簡単。村社会の一員が、俺を怒らせた!矯正せねば!と分かりやすいくらい村意識を発揮して怒るからです。すると、どうなるのでしょうか?

まず手始めに、威圧から始まります。人の気にしている欠点を取り上げるなど、自分を棚に上げてチクチクいじめっ子のように責めてきます。もし、O型男子の彼女であっても一緒。人の嫌がることを罵ってくるでしょう。これが、職場であればパワハラやモラハラといった現れ方をするのです。

PROLO『キレるA型、相手を村八分にするO型~血液型別・怒りの特徴』でも、「何かに怒ると友だちや周囲の人間に大げさに事情を訴えて同情を買い、自分を怒らせた相手を村八分状態にすることも。」と言っているように、まさに村八分さながらな怒り方をする時もありますから注意が必要です。

それでも、相手が自分に服従しないと、今度は無視を決め込みます。無視されても気にならない人なら大丈夫ですが、そうではない人は精神的にダメージを受けることがありますから大変ですね。

B型は爆発系のご立腹

世の中でもB型は怒ると大変なイメージがありますが、実は、通常時、あまり怒ることは少ない血液型です。その理由は、B型は本来おおらかな性格で、不満を感じても、その不満が持続する時間が比較的短いからです。

しかし、もちろん怒ることもあります。ご立腹な時はどんな特徴があるのでしょうか?

怒りの第一段階としては、自分の殻に閉じこもることが多いです。表面的には怒っているようには見えない特徴があります。ですから、周囲は怒っていることに気が付きにくく、本人の中に不満が蓄積してゆくことになるでしょう。

加えて言葉尻や怒りの内容の一点に固執しやすいのもB型ならでは。イククル恋愛コラム『<血液型別恋愛マスター>B型男性を怒らせてしまったら…』で「一度怒りに火が付いた状態の時は、何を言ってもB型男性は聞き入れてくれないかも!たとえ心から詫びても、怒りで血が頭にのぼっている間は、耳に何も入って来ないみたい」と言っている通り、自分の殻の中で怒っていることが多いのです。

ただし、自分の殻の中の怒りが爆発した時はさぁ危険。場合によっては暴れ回ることもあったりします。意外と手を挙げることは多くありませんが、プチ暴動を起こしますから周囲や彼女であるあなたが彼の怒りに早く気が付き対処することが良いでしょう。