なぜ彼氏ができない?みんなに嫌われ出会いがない人の共通点5選

人間関係

これは男性の世界で言われることですが、モテる男は仕事もできる・・・。実は、この話し、出会いがないと嘆いている人にも当てはまる内容です。

つまり、人として他人から嫌われるタイプの人は、恋愛も上手くいかないことが多いです。なぜならば、恋愛も人間関係も同じ。単にそれが将来一緒に生きてゆくことを約束した相手かどうかの違いだけです。

もっと言えば、自分の性格を見つめ直し、もし、人から嫌われる性格なら、それを直すことで恋愛を上手にできる体質に変わることだってできてしまいます。

そこで、本日は、みんなに嫌われやすいタイプの共通点をご紹介します。自分に当てはまる部分がないか、一度、振り返ってみてみるのもよいかもしれませんよ。

人に教えたがる

自分の知っていることを他人に教えてあげることは悪いことではありません。

共存共栄の精神で、みんなで知識を共有して成長できることに人としての価値があります。

しかし、何でもかんでも他人に教えたがる人がいます。

「あなたは性格のココを直したほうがよい」「こうすると仕事が上手くいく」「恋愛が上手くいかないのは、あなたが●●だから」

これらの教えたがりって、実は、最初にご説明した共存共栄の精神とは違います。単に自分の知識を他人にひけらかして、自分はこんなに頭がいいんだ、知識があるんだと見せつけることで満足したいだけのタイプです。実は、そこに相手に対するリスペクトも愛もありません。

他人だってバカではありませんから、自己満足のために教えたがっていることはすぐに分かります。だから話していて不快に感じるだけで、あなたに全く感謝しませんし、話したくもないと思うでしょう。

恋愛に話を戻すと、好きになった男性に対して、すぐに「指導」をしてしまう女性がいます。生活の仕方や話し方、時間の使い方に至るまで気になったことを治すように指導してしまうのです。

あなたがこのタイプだった場合、残念ながら彼氏に疎まれることはあっても信頼関係は築けませんし、短い恋愛に終わってしまうことが多いのではないでしょうか?

上から目線

少し年上というだけで、または、少し職場で長く働いているだけで、すぐに上から目線で話してしまう人がいます。

悪いことに自分は上から目線の話し方になっていることに気が付かないことが多いんです。気がついてみたら周りから人が離れていってしまっている・・・寂しい状況に愕然としたりします。

それに気がつくためには、自分の日頃の考え方を思い出してみてください。

あの人は劣っているとか、仕事ができない、人としてダメな部分が目につく。そんなふうに感じる相手がいたりしませんか?

でも、考えてみてください。人って相対的なものです。ある部分では劣っていても、ある部分では優れているかもしれません。誰かを劣っていると感じることは、その人の一部分しか見ていないことなんです。それに気がついていないあなたに問題があることを理解した方がよいでしょう。

お付き合いしている男性と恋が長続きしない人の中には、知らず知らずのうちに彼氏のことをバカにしていたり、見下している人がいます。

例えば、以前、こんな記事を書きました『彼氏がバカに見える!本当に馬鹿な彼氏と幸せになれるのか?』。

でも、この記事を検索してくる人の中には、彼氏のことをバカと思っている人がいることを意味します。

相手のことを尊敬できないのに、自分は尊敬してもらえる訳がありませんよね。その発想を辞めない限り、あなただって絶対に幸せにはなれないことを知ったほうがよいでしょう。

話が分かりにくい

会話をしていると、話の要点が分かりにくかったり、結論が見えてこないのにダラダラ話しすぎてしまう人がいます。もちろん、単に会話をしていることに喜びや癒やしを感じる人もいるでしょう。

でも、普段から話のポイントが分からないダラダラしたしゃべる方をする人って、人から嫌われる傾向があります。

理由は単純で、人間って、他人の話に耳を傾けることに対して、非常に疲れるものなんです。

自分の話を聞いてもらいたいし、話していると楽しいものです。でも、他人の話を聞くことって結構疲れませんか?

疲れる人に誰も近寄りたいとは思いませんよね?

恋愛だって同じです。疲れる女性に男性は近寄ってきません。だから、自分が付き合いたいと思う男性と出会えないんです。

もちろん、彼氏に甘えている癒やしの時間まで、話し方を意識することはありません。でも、メリハリは必要。自分のことを理解してくれている彼氏だったとしても、日常的にダラダラした話し方をしてはいけません。

相手の視点に立てない

突然ですが、あなたには嫌いな人はいますか?「いる」と答えた人は要注意です。

人って、そんなに簡単に他人を嫌いにはなれない生き物です。他人を嫌いになるということは、その人からあなたも嫌われることでもあります。それが学校や職場だったら、相手の友達も含めて対立する可能性もあります。「●●さんのことを嫌い!」と言った瞬間に●●さんの友人も敵に変わることになりますから。

他人を嫌いになることは命がけなのです。

でも、なぜ相手を「嫌い」と感じたのか分析することはとても大切です。

その人の言い方や行いが原因かもしれません。

そこで、考えていただきたいのですが、たまたま、その人が疲れている日だったのかもしれません。その人だって人間関係に苦しんでいるのかもしれません。

相手の立場に立ってみると、見えてくるものがたくさんあります。

このように、相手の立場に立って見られる人は「懐の深い人」です。逆に相手の立場にたって思考できない人は、器量の狭い人なんです。

彼氏と喧嘩ばかりで恋愛が上手くいかない。そんな悩みがある人は、もしかしたら彼氏の立場にたって思考が出来ていないタイプかもしれません。

彼氏の立場や視点にたって思考できる人は、喧嘩になっても悪化させません。また、普段から彼氏に安心感を与えて信頼の形で返してもらうことが出来る人です。

あなたは、他人の立場にたった考え方が出来ているか、見直してみましょう。

他人の悪口が多い

噂話や悪口が好きな人も他人から嫌われやすい傾向がありますから要注意です。

理由は2つあります。

1つ目は、悪口って、いつか相手に伝わってしまうものなんです。結果として、人間関係が悪化します。

もう一つは、悪口や噂話を聞いている相手が不快に感じるからです。

悪口や噂話って、決して明るい話しではありませんよね。どちらかといえばネガティブな話です。ネガティブな話を聞いていて明るい気持ちになれる人は相当性格の歪んだ人だけです。

一緒にいて明るい気持ちになれない人の周りからは必然的に友達や同僚は離れてゆきます。もちろん、恋人も。だから、悪口や噂話は絶対に慎むべきなんです。