歴史好きな彼氏に贈りたい本はこれ!おススメ3選

歴史小説を読む男性

最近は歴女なる言葉が人気を集めていますが、やはり、男性の方が比較的歴史好きな人が多いように思いますね。

もしかしたら、あなたの彼氏も歴史好き?もし、そうなら、プレゼントに歴史の本を贈ってみるのもアリです。

そこで、本日は歴史好きの彼氏にプレゼントとして贈りたいおススメの書籍をご紹介したいと思います。

剣客商売

剣客商売は、言わずと知れた歴史小説家・池波正太郎さんの代表作です。が、意外と読んだことがない人が多いのではないでしょうか?

時代は江戸時代中期。年老いた無外流の剣士・秋山小兵衛を主人公にした小説で、息子の大治郎と、大治郎に魅かれ、後に結婚する女剣士・佐々木三冬を交えた小説です。

日頃のちょっとした事件から端を達するストーリーがふんだんに織り込まれていて、途中は、大治郎と三冬の恋愛まで、様々な話しが詰め込まれています。幕末などの劇的な話しではなく、生活観が溢れた内容で、逆に現代人の私たちと重なる部分もあるため、ほっこりしながら楽しめます。

そして、ほのぼのとする恋愛の話しもたくさん入っていますので、あなたも一緒に楽しめるストーリーですから、本屋さんで手に取ってみることをお勧めします。

坂の上の雲

明治中期から後期の熱気にあふれた日本を描いた司馬遼太郎の代表作です。バルチック艦隊とコサック師団を撃破した秋山好古、秋山真之兄弟の生い立ちから日清、日露戦争を勝利するまでを周辺人物や時代背景と共に描いた大作です。

「まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。(坂の上の雲)」からはじまるこの本は、熱き男魂に飢える男子にとっては、憧れすら感じるストーリーです。

事実、明治時代の日本人は過去の歴史の中で最も生き生きとして、熱い時代だったと追われます。そんな時代の熱気と本を通じて共鳴できるような感覚にさせられるでしょう。

もし、あなたの彼氏が、ちょっと元気がないな・・・と感じたらプレゼントしたい一冊です。

壬生義士伝

こちらは幕末に活躍した新選組の志士・吉村貫一郎を描いた浅田次郎原作の時代小説です。

なによりも時代を変えることに想いを馳せる若者たちが集まった新選組。その組織の中で、異色を放っていたのが吉村貫一郎。それもそのはず。お金にがめつく、周りからは守銭奴といわれるくらいのお金好き。

しかし、その吉村がお金を貯めるのには家族への想いがあったから・・・。という、幕末を描いた小説の中でもちょっと変わったヒューマンストーリーの要素たっぷりの小説です。

特に現代のサラリーマンの姿と重なると好評で、一生懸命に家族のために周りからヤジを飛ばされても必死でお金を稼ぐ主人公の姿に泣かされます。

将来、結婚を考えている彼氏であれば、この小説の素晴らしさは理解できるはず。ぜひ、泣かせてしまいましょう。