キスマークの消し方!恥ずかしいキスの跡を消す方法5選

キスの跡

彼氏とラブラブなデートの後に、鏡を見たらびっくり!なんと首筋にキスマークが!明日は会社なのにどうしたらいいんだ!

そんなキスにまつわる悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか?または、思わずキスマークがついてしまってから、慌ててこのサイトを見ている人もいるかもしれませんね。

同僚にキスマークを見せつけたいなら別ですが、ほとんどの人は目立たないように消したいでしょう。また、彼氏の肌についた跡を消してあげたい!

そこで本日は、思わずついてしまったキスマークの上手な消し方を巷の噂を元にご紹介したいと思います。

血行を良くすると消える?

このサイトは、医療の情報を提供していませんので、医学的な消し方は分かりませんが、多くのサイトを見てみると、キスマークを消すコツは、血行をよくすることにありそうです。

もっとも効果の高そうだった方法としては、熱いお風呂で温めながらマッサージしたり、温かいタオルで軽くマッサージするというもの。

Wikipediaによると、キスマークは、正式には「吸引性皮下出血」というらしく、要するにキスで皮膚を吸うことで出来てしまう内出血。もっと分かりやすくいうとアザなのだそうです。

確かに打ち身でアザが出来た時は患部を温めるとよいと言いますよね?キスマークも同じ効果が期待できるのかなと思ったりします。

ちなみに打ち身やアザに効く軟膏やクリームをつけるなんて方法もあるようです。アザだったら確かに温かくして薬をつけるのは正解なのではないでしょうか。

物理的に隠す方法も

灯台もとぐらしな方法として、消すのではなく隠す方法です。これを見たときは、なるほど!っと手を打ってしまいました。

一つは、タートルネックやハイネックの服を着ること。確かにハイネックの服を着れば、首筋は隠れるし、ファッショナブルにも見えるのでおしゃれな隠し方ですよね。

でも、会社にハイネックの服を着て行けない、何日もキスマークが消えないなんて方は、かなりハードな隠し方になりますが、絆創膏をつけるなんて方法もあります。エレキバンのような磁石の商品で隠す方法も。磁力の力で血行もよくなり消えるのも早そうだし案外悪くないのではないでしょうか?

この場合、言い訳だけは考えておいたほうが良さそうですね。だって、首や顔に絆創膏をつけていたら同僚や友達から指摘されそう・・・。

そんな時は、「蚊に刺された」「吹き出物」がベストな言い訳ではないでしょうか。

この手の言い訳は、男性のキスマーク保有者には使えません。男で蚊に刺されたくらいで絆創膏をつけるひとなんていないですからね。

一方、女性なら恥ずかしいから蚊に刺された跡や吹き出物を絆創膏で隠したとしても不自然ではありません。キスマーク隠しもちょっとしたコツで上手に切り抜けられるというものです。

キスマークが消えやすい体質にする

体の中からキスマークを消す方法なども巷では紹介されています。ビタミンCやビタミンKを多く摂る方法です。

これらのビタミンはキスマークを早く治癒させて消すのに役立つなんて情報をたくさん見かけますね。

ビタミンCならフルーツに多く含まれていますし、分かりやすいところではレモンを多く食べたり、直接レモンを患部に当てるなんて方法もありますね。

一方のビタミンKですが、こちらは、玉露のお茶や海苔、ワカメなどの海藻類。大豆製品として挽き割り納豆などにも含まれているそうです。

確かにシミにはビタミンKが効くなんて話を聞いたことがありますが、まさかキスマークにも有効とはビックリ!本当の意味で灯台もとぐらしですね。

でも、即効性があるかどうかは分かりませんので、翌日は仕事など緊急な場合はやっぱり絆創膏が良いのではないでしょうか・・・?

最後にキスマークをつけさせない方法がもっとも良いかも。首や手のひら、顔など目立ってしまう場所ではなく、しっかり口にしてもらったり、お腹など目立たない場所に要求した方が無難かもしれませんよ。