自慢話が多い男は脈アリ?パターンから見る脈ありサイン

自慢話

自慢話が多い男がいます。一般的に自慢話が多い男性は、ナルシストとか、自尊心が強いと言われますが、よくよく観察してみると様々なパターンがあります。

例えば、あなただけに自慢話が多い人。または、いつでも自慢話が多く、周りから避けられてしまうタイプの男性・・・。と、自慢の仕方によって様々な仮説が立てられます。

そこで、本日は、自慢話の仕方から恋愛で脈ありなのか、脈なしなのかを読み解く方法をご紹介したいと思います。

普段から自慢話が多い男性

普段から自慢話が多い男性がいます。自分の給料や、自分がどれほどすごい人間かをとにかく自慢しまくります。

言うに及ばず、周囲からあまり好かれていないことが多く、本人は周りから煙たがられているのに気が付いているのかな?と心配になるほどですね。

このような男性を見るにつけて、ほとんどの女性が、脈あり、脈なしを判断する以前に恋愛の圏外と決めつけてしまうケースが多いと思いますが、実はもったいないことです。

結論を言えば、このような男性は脈ありなケースが多いです。

というのも、このような男性は、他人から自分の存在を認めて欲しいという承認欲求に飢えていることが多く、自分のことを愛してくれる女性を切望していることが多いのです。

加えて、自慢話をする代償として自己嫌悪に陥っている男性が多く、人の目ばかり気にしています。つまり、本来の顔を他人に見せられなくなっています。多くの女性は、その人の表面上の顔だけを見て、恋愛対象から外していることに他なりません。もしかしたら、あなたが彼を愛してあげることで、彼の承認欲求は満たされ、自然と自慢話は消え去り、優しい彼の顔になっているかもしれませんよ。

特定の趣味の自慢が多い男性

自動車やバイク、中にはアキバ系の趣味かもしれませんが、自分の趣味に対する自慢話が多い人は、残念ながら脈ありとはいえません。

このタイプの男性は、自分が周りからよく思われたいと考えているよりは、趣味を極めた自分を自画自賛しているか、同じ趣味の人を探している側面が強いといえると思います。中には、自分の趣味の話しで場の空気が盛り上がれば!なんて考えている人もいるかもしれません。(実際はシラケてしまっていても・・・)

もし、あなたが、彼の趣味に共感出来て、一緒に趣味を楽しみたいと考えるなら、そこから恋愛につながる可能性はないとは言えません。しかし、それでは、脈があるのかないのかよりも、趣味を通じた恋愛のスタートなだけで、恋の成就には時間がかかるといっても過言ではありません。従って、必ずしも脈ありとはいえないのです。

合コンなどでこのような男性に出くわせたとしても、話が合わなければ、他の男性に近づいた方が出会いの近道かもしれませんね。

あなただけに自慢話が多い男性

普段はあまり自慢話はしないが、あなただけに自慢話が多い男性は、脈ありの可能性があります。

これも、先ほどご紹介した「承認欲求」の強い男性とつながるものがありますが、先ほどの男性は、あくまで誰でもよいから自分を認めて欲しいという欲求だったのに対して、こちらは、誰でも良いわけではなく、あなただけに承認してほしいと考えています。

つまり、あなたに十分気があるのです。

こちらのタイプは、プライドが高くない普通の男性でも、少し恋愛に自信が無いだけで、このような話し方になりがちです。

元々、男性は女性に対して多少は承認欲求をもっています。だって、告白も女性側から承認されなければ付き合えませんし、結婚だってそうです。だから、目当ての女性に対しては、自分を良く見せたいと思っています。

自分を良く見せたい=自慢話という分かりやすい構図ですね。ここで、あなたも冷めてしまうのではなく、演技でも彼のことを認めてあげて、羨望のまなざしで見てあげれば、すぐに恋愛に発展する可能性を多分に秘めています。