同棲してはじめて分かる彼氏とのズレ4パターン

同棲して分かること

彼氏とお付き合いすることは、様々な形態があります。普通に休日だけ二人で過ごすカップルもいますし、お互いに何百キロも離れていながら関係を続ける遠距離恋愛など色々です。

中でも、結婚前に経験しておいた方がよい恋愛の形が同棲。二人一つ屋根の下、一緒に生活をしながら恋愛を続けます。疑似結婚とでもいいましょうか。

実は、同棲をおススメする理由に、同棲以外の恋愛では中々分からない彼氏とのズレが存在します。本当にベストな相手かどうか調べるためにも、結婚前に同棲をしておいた方がよいでしょう。本日は、同棲してはじめて分かる彼氏とのズレについて考えてみたいと思います。

金銭感覚のズレ

夫婦が離婚する理由の一つに金銭感覚のズレがあります。どちらかの金銭感覚がズレていて、一緒に生活を続けることができなくなるパターンです。

この金銭感覚のズレは、2つの種類があり、一つはお金遣いが荒く、稼いだ分だけどんどん散財してしまう人です。借金までしてしまう人もいるでしょう。

もう一つは、お金の使い方に関する価値観の違いです。例えば、あなたは旅行など思い出にお金を使いたいのに、彼の方は自分の趣味に対してお金を使いたがるなど、使い道が違います。

お金遣いが荒いパターンの場合は、同棲しなくても注意深く観察することで気づくことができます。デートが身の丈に合わず豪華だったり、服にお金を使いすぎていたりと、収入に見合わないお金の使い方をしていれば、お金遣いが荒いことはすぐにわかるでしょう。

しかし、お金の使い道に対する価値観の違いは、同棲して一緒に生活してみてはじめて分かることです。同棲は、ある程度、お互いの収入を折半しながら生活することでもあります。だからこそ、何にお金を使いたいかをどこかで話し合う必要が生じますから、そこで、ズレに気づくことになるでしょう。

居心地のズレ

週末にデートするだけの関係であれば、一緒にいる時間もせいぜ数時間から、最大でも48時間です。仮に少し居心地が悪くても、緊張のせいだ・・・など、自分の中で納得してしまい、気が付かないことが多いです。

一方、同棲は、毎日、彼氏と顔を合わせることになります。確かに同棲したての頃は緊張感もあり、居心地の悪さは誰しもが経験することです。しかし、同棲を開始して1カ月、2カ月と経過しても、なお居心地が悪いのであれば、それは相性が合わないだけです。

居心地の良さは、理屈で説明できることと、説明ができないことがあります。理屈で説明できることとしては、考え方の違いです。喧嘩した時に仲直りをするために話し合いを行ったことがある人なら、そこで相手の本心が見えた経験があるはず。こうしたことは、同棲しなくてもわかることです。

しかし、理屈では説明できない居心地の良し悪しは、長い時間一緒に過ごしてこそ分かることです。やはり、居心地が悪い人と結婚しても一生苦痛を味わうだけですから、前段階の同棲で試してみる方がよいでしょう。

性格に対するズレ

前の項目で、居心地のズレに関してご説明しました。居心地は、性格の相性とは少しニュアンスが違っていて、性格以外にもいわゆるフェロモンや匂い、生き方のペースなど、あらゆることがマッチしているかどうかで決まるものでした。

一方、性格の相性は、いわばその人の行動パターンです。

例えば、せっかちとか、すぐに怒るなど、度量があるタイプであったり、短気だったりと行動に現れるものです。

大概の男性は、恋愛の期間、意識してか無意識か、猫を被っていることが多く、短気な性格の人でも、それを彼女に悟られないようにゆったり構えたりしています。

世の中からDVを振るう夫が絶えないことからも分かります。恋愛の期間に暴力を振るう男性だと分かっていたら結婚しないですからね。

性格のズレは、やはり、同棲してみなければわからないものです。いくら猫を被っている男性でも、さすがに24時間365日、ボロを出さない人はいません。

同棲して、長い時間を過ごすことにより、はじめて相手の本性が見えてくるというものです。だから、同棲してじっくり性格のズレがないかどうか見極めてください。

習慣のズレ

習慣が違うことは恋愛において必ずしもマイナスとは限りません。例えば、金曜日はいつも同僚と飲んでくる彼氏と、いつも、金曜日は早く帰宅したい彼女。

一見、相反する二人ですが、ポジティブに考えれば、結婚後、金曜日は二人とも自由に時間を使える日になるかもしれません。週一日の息抜きができて、結婚生活を上手くする秘訣になる場合もあるのです。

一方、食事をしながらテレビを見る人と、食事の時はテレビを見ない人がくっつくと、結婚してから辛いかもしれません。テレビを見たい彼氏に、テレビではなく会話を楽しみたいあなたの間で喧嘩になるかもしれません。

何が言いたいかと言えば、習慣のズレが、お互いにどう影響するかを同棲してみなければ分からないということです。元々、全く違う人生を歩んできた二人ですから、習慣がすべて一致することはありません。むしろ、一致しないことの方が多いでしょう。ならば、そのズレを許せるのか許せないのかを同棲して見極めるのです。もし、習慣のずれが問題にならないのであれば、結婚後も上手くいくでしょう。