注目キーワード

ひどい男に仕返し!嫌いな男を切り捨て絶対に傷つけられる一言5パターン

世の中はひどい男ばかりだと思いませんか?
人をバカにする男。女を下に見る男。職場で自分を手下のように扱う男など・・・。

そんなひどい扱いをする男(彼氏を含む)に対して、簡単に仕返しをしたくありませんか?

因果応報でひどい男には、ひどいことが起こる!なんて、心の中で思っていても、実際にひどい男にひどい仕打ちがあるとは限りません。自分で仕返しをするしかスッキリする方法はないからです。

そこで、今回は、男に簡単に仕返しをできる一言に注目してみました。

男のプライドを傷つけ、切り捨てる一言をご紹介します。

女性脳でしょ

だいたい、女性に対してひどいことをする男は、女性=格下と決めつけている奴が多いものです。

そんな男に対して、簡単に仕返しできる一言があります。

それが「○○さんって、女性脳ですよね」の一言です。

この言葉は、実際の女性が考えている以上に、ひどい男のプライドをズタズタに引き裂きます。

そもそも、女をバカにしている思考の持ち主が、「あなたこと女々しい」と言われたようなものなので、想定外の言葉に絶句すること間違いなしの言葉でしょう。

一度、試しに言ってみましょう。顔色がすぐに変わるのが、結構面白く感じるはずです。

お金もってなさそう

男性の共通認識として、「金を稼げる男=仕事ができる」と考えています。

もし、あなたのことをひどい扱いをする男がいたら、「○○さんって、お金もってなさそー」と言ってやりましょう。

つまり、「あなたは仕事もできないし、貯金もなさそうだし、貧乏人的な貧相な男だ」といっているわけです。

ちょっとした一言ではありますが、仕返しには十分です。

デキる男の真逆の最低な男であるという烙印を、この一言で突きつけてやることができるでしょう。

小っさい男

実際のところ、大きいこと=素晴らしいものではありませんが、ほぼすべての男性は、大きいことはいいことだと思っています。

つまり、どんなことに対しても「小さい」と言われると簡単に傷つけることができます。

性格が小さい、器量が小さい、体が小さい、アソコが小さい・・・。

それらのすべてが男のプライドを傷つける言葉なんです。

で、言い方はシンプルに「ちっちゃ!」の一言で十分です。何が小さいと具体的に表現しなくても、この一言だけで十分に男は傷つきます。仕返しには十分な言葉ですね。ズバッと切り捨ててやりましょう。

最近薄くなった?

ある調査によると、女性の多くが「彼氏の髪が多少、薄くても気にしない」そうですが、男性は対照的に髪の毛の薄さや脱毛の多さに対して非常に気にしています。

女性なら、「最近、シワが増えたね」って言われるくらい傷つくキーワードの男性バージョンが、「最近、薄くなった?」の一言です。

この一言は、一見、相手の男性のことを心配しているように見せかけて、ズバッと傷つけられる、仕返しの仕返しを受けにくい攻撃的な言葉なのです。
ひどい男には、自分を防御しつつ、髪の毛の薄さを指摘して仕返ししてやりましょう。

付き合った人数少ないでしょ

恋愛人数の数=デキる男ではありません。
本質的には、1人の女性を大切にできる男性の方がステキに違いありません。

でも、ほとんどの男性は完全なる勘違いをしています。
それは、付き合った人数が多いほど、男としての魅力があると思っています。

そもそも、男性心理とは変なもので、恋愛に対しては、経験の深さよりも、単純に恋の数が多い方が勝っていると思ってしまうものなのです。

この裏をついた一言が、「恋愛経験少ないでしょ」や「付き合った女性の人数少ないでしょ」の一言です。

たった、この一言で、完全に男性を傷つけて仕返しすることができます。

むかつく男には、女性の経験人数が少ないことをネタにしてやりましょう。

関連記事

友達同士でも、職場の同僚でも、突如として人間関係が壊れることがあります。どんなに人付き合いが上手な人でも、悪いタイミングは重なるもので、ひょんなことから人間関係を壊してしまうこともあるでしょう。喧嘩だったり、仕事上のトラブルだったりと、その[…]

人間関係を壊した
NO IMAGE

あの男性の気持ちを知りたい!職場に気になる男性がいる。彼氏が欲しい!そんな気持ちは誰でも持つものです。行動すれば絶対に恋愛は成就しますよ。だから、男性心理を学びましょう。それは男に媚びるわけじゃない。自分が幸せになるために相手の気持ちを知ることなのです。もちろん、男性心理を理解していれば、旦那が浮気をした時にも気がつきやすいものですが(TT)