女性脳な男がとってしまいがちな思考や行動はコレ

女々しい男

見かけは男性そのものなのに、考え方や行動が女性っぽい人っていますよね。Wired『「男性脳」「女性脳」は存在しない?:英国の研究結果』では、女性脳なんて存在しないとキッパリ断言していますね。

一方、科学的にどうなのかはわかりませんが、我々が生活している中で、確実に女性脳だなぁなんていう男性は確実に存在します。もしかしたら育った環境が女性チックな考え方にするのかもしれません。だから、ここでは、女性的な考え方=女性脳として扱います。

ちょっと話題を恋愛の方向に進めますが、女性脳、男性脳の話を恋愛に当てはめて考えると、女性脳な男性が好きで、恋愛することもOKな人もいるでしょうし、恋愛の対象外な人もいるでしょう。いずれにしても、出会ったその男性が女性脳かどうかを知っておいて損はない訳です。

そこで、本日は、女性脳な男性がとってしまいがちな思考や行動をご紹介したいと思います。

細かいことを気にする

はじめに、筆者は女性が必ずしも女性脳だとは思っていません。細やかな女性もいますし、ガサツな人もいるでしょう。しかし、いわゆる女性脳な男性は、総じて細かいことを非常に気にする傾向があると考えています。

例えば、何か約束事をすると、何度も確認しなければ気が済まなかったり、話の内容もツッコんで知りたがります。

デートの約束をしようものなら大変で、「5時くらいに渋谷で~」なんて、曖昧な約束は許されません。しっかり、「5時ちょうどに渋谷のハチ公前で集合ね。赤い服を着てゆくから」などと、当日の目印までハッキリしていなければ落ち着かないことも。

そして、当日はどこへ行って、食事は常に予約。行動のディテールまできっちりと決めたがります。とにかく、細かいところまできっちりしていなければダメなんですね。よく言えば、完璧主義な人。悪く言えば融通が利かない人ともいるのではないでしょうか?

人の目を気にする

相手が自分に対してどう考えているかを非常に気にする傾向があります。筆者の見るところ、ほとんどの女性脳の男性が人目を気にするのではないかと考えています。

話していて相手が少しでもつまらなそうな表情をすると、焦ってしまい余計にしゃべってしまったり、まるで自分の意見がないかのように、話を相手に合わせすぎてしまいます。まるで主義主張のない人のよう。

普通、男性は、ある程度は相手の立場にたって話しますが、基本は単刀直入に自分の言いたいことをハッキリ言う生き物です。その点、相手の顔色ばかり気にする男性は、女性脳としか説明ができませんね。

恐らく、女性脳の男性って、ものすごく疲れるのではないかと思います。そしてさらに顔色を気にする。この繰り返しかも。

恋愛にリスクが取れない

恋愛はリスクの連続です。例えば、告白をして断られるかもしれません。付き合った後にフラれるかもしれません。男性でもメンタルが非常に傷つくものです。冷静に考えれば、精神的なリスクは計り知れないものがあります。

女性脳な男性はそんなリスクを極端に恐れるように思います。

自分から告白する勇気がなくて、周りの友達に相談し、友達づてにあなたの気持ちを聞いてきたリ、あなたの方から告白をさせようとしてきたり、いわゆる女々しい男性の代表格のような存在に。

もし、あなたが男性っぽい性格の持ち主であれば、女性脳の男性としっくりくる可能性はありますが、一般的な女性に何故かモテない男性は、このタイプなのかもしれません。

いかがでしたか?もしかしたら、あなたの周りにもこんな女性脳な男性はいませんか?ちょっと観察してみると、もっと女性っぽい行動や思考が潜んでいるかもしれませんよ。