太もものボツボツの原因は?滑らか美脚を作るメソッド

パンストとボツボツの足

美顔に気を使ったつもりでも、足のボツボツが意外と盲点。特に太もものボツボツや赤み、肌荒れに悩んでいる方って多いと思うんですね。

前々から気になっているよ!という方でも、気を付けて欲しいのが、夏だけでなく冬。なぜならば、乾燥する季節でさらに悪化させてしまうこともあるからです。

パンストから赤いボツボツがピンポイントで目立つのは嫌だ!と嘆く前に、その原因と解決法を勉強しましょう!

ムダ毛の処理が主原因との声も

ボツボツが出来る原因は体質的な問題もありますが、ムダ毛の処理で肌を傷つけている人が多いと言われています。

美脚に気を使っている女性の多くが、カミソリや毛抜きでムダ毛の処理をしていることが多いと思います。例えば、カミソリを毛の流れとは逆向きに剃っていたり、お風呂などで十分に肌や毛を柔らかくしないで、肌の準備が出来ていない状態のまま毛を剃り始めてしまっていると、それが肌荒れの原因になるのです。

もちろん、毛抜きはお勧めしません。毛根を痛めつける極地だからです。

炎症によるボツボツ化現象

なぜ、肌荒れ=ボツボツ化になるのでしょうか?これは、ニキビができるメカニズムと似ています。

カミソリなどで頻繁に肌を痛めつけたり、毛抜きなどで毛根にダメージを与えると、そこから炎症が発生します。炎症は傷口から細菌が入って、肌が菌と戦っている状態。それが赤みを帯びたボツボツへと発展します。

この状態が続くと、赤み→黒ずみへ発展するだけでなく、徐々に角質が熱くなってしまい、毛穴がデコボコになり、メラニン色素が沈着して黒ずみも消えなくなってしまいます。これが、あなたのお悩みの原因です。

肌が弱い人はフラッシュ脱毛がおススメ

剃毛基本的に保湿を心がけ、カミソリによる脱毛も頻度を少なくしたり、1回の使用で過剰に剃りこまない、毛に逆らって剃らないなど、十分にケアをしながら脱毛すればOKですが、それでも肌が荒れてしまう方にはフラッシュ脱毛がおススメです。

基本的にレーザー脱毛は、肌に負担はかかりますが、永久脱毛の効果はあります。ただし、レーザー脱毛の場合は、「焼く」訳ですから、ボツボツや赤み、黒ずみに悩む肌の弱い人には元も子もありません。

その点、フラッシュ脱毛は、2年程度の時間をかけてゆっくり施術する方法なので、肌に対する負担も少ないという特徴があります。また、広範囲にわたって照射できるのがフラッシュ脱毛ですから、ピンポイントで施術するレーザー脱毛よりも痛みが少ないと言われています。

その代わりに、2年前後という長い時間をかけて徐々に施術する点、すぐには効果を実感できなかったり、何度も通わなければいけないデメリットもあります。

一長一短ですが、美のために太ももの肌を痛めつけ続けている方にはぜひ検討していただきたい方法なのです。