彼氏のアイコスが臭い!加熱式タバコの健康への影響と種類

電子タバコを吸う男

喫煙者の彼氏を持つ全国のタバコ嫌いの女性にとっては、2015年に発売されiQOS(アイコス)は救世主になるか?と思いきや、実は、臭いし、健康に悪い、副流煙に近い害があるなんて悲報が飛び交っています。

いくら、恋愛している彼氏でも、ワタシとタバコのどちらが好きなのか、非常に疑わしくなりますよね。

「バカみたい!そこまでしてタバコを吸いたいのか!」

と叫びたくなるものですが、そもそも、アイコスに限らず、いわゆる加熱式タバコはどんな種類があるのでしょうか?

臭くない加熱式タバコってあるの?そして、健康に悪いの?いいの?など、巷の噂話をご紹介したいと思います。

そもそも加熱式タバコって?

加熱式タバコや電子タバコと呼ばれるものが流通しています。どちらも充電したスティックを通して吸う新しいタイプのタバコで、ブランドも様々な種類が販売されています。

大きく分けると、加熱式タバコがニコチンを含むものと、電子タバコはニコチンを含まないもの。

ニコチンを含まないものとしては、専用のリキッドを水蒸気にして吸い込むものや、ビタミンを含むものも存在します。主に禁煙をしたい人が吸っているようです。

そして、今人気なのは、やはり、ニコチンを含むタイプの次世代の加熱式タバコです。

これは、タール(ヤニ)を大幅に削減し、従来の紙タバコのように火を使わずニオイも少ないタバコとして、喫煙者がたくさん乗り換えています。

ニオイやヤニによる健康被害を防止できるなどの理由で喫煙者の代替手段となっているようですね。

加熱式タバコって健康なの?

そして加熱式タバコの話を聞く時に、決まって話題に出るのが、健康にいいの?な質問です。

結論から言えば、「決して健康的ではありません。」

従来の火を使う紙タバコと比べると、「まだマシ」なレベル。一応、タバコメーカーの触れ込みによると、有害物質の9割を削減できていると言いますが、実に200種類にも及ぶ有害物質と50種類以上の発がん性物質を含むと言われるタールも微量ながら含まれていると言われています。

加えて、最近ではニコチンを含まず、さらに健康的と言われていた電子タバコの危険性を危ぶむ情報も公表されています。

市販電子タバコを購入し,カルボニル類を中心とした有害化学物質の分析を実施した.その結果,電子タバコ蒸気・エアロゾル中にIARC発がん性分類グループ1に分類されるホルムアルデヒド,グループ2Bのアセトアルデヒド,さらに刺激性を有するアクロレインなどの発生するものがあることが確認された。

ヒカカク「無害のはずの電子タバコも有害の報告?!電子タバコの安全神話崩壊と、残された選択肢「フレンバー」とは何か。

もちろん、これらの加熱式タバコや電子タバコを吸う彼氏の近くにいれば、一緒に健康被害を受けてしまう可能性が無いとはいいきれません。全く、困ったものです。

喫煙彼氏が選ぶなら?種類とニオイ問題

とはいえ、恋愛中の女子としては、複雑な心境です。ストレスも多い時代。彼氏に煙草を吸わしてあげたい気持ちもあるし、嫌われたくないから「やめて!」の一言が言えない。そんな人は少なくありません。

煙の出ない加熱式タバコ。健康にいいとは決して言えないまでも、出来るだけ酷い匂いが出なかったり、不快感が少なかったり、また、彼氏も使いにくいと感じない「間をとった」加熱式タバコってどれでしょうか?

iQOS(アイコス)

iQOS(アイコス)は、フィリップ・モリスが2015年に発売した加熱式タバコで、それ以前にも同様のタバコはありましたが、クリーンなイメージを背景に爆発的な人気となりました。

iQOSはとにかくユーザが多い!加熱式タバコの火付け役ともなったブランドです。まずは、iQOSからはじめてみた人は多いと思います。

特徴としては・・・独特の強い匂いがする。しかも、吸い殻もポップコーンのようで刺激臭のある強烈な匂いを発します。部屋で吸っても壁が黄ばんだりはしませんが、匂いはいただけないですね。

使い勝手・・・1回吸う毎に5分間の充電が必要です。また、充電池(チャージャー)は、20回くらい使えるので紙タバコ1箱分は使える仕様です。

価格・・・スティックとチャージャーが1万円程度で結構お高め。1年間使えますが、1年後には買い換える必要があることを考えるとコスパ的には悪いかも。

Ploom TECH(プルームテック)

JTが発売している加熱式タバコです。実は、アイコスよりも歴史は古く、2013年から発売されています。(バージョンアップはされていますが)

iQOSに比べると販売しているお店やコンビニが少ないでしょう。オンラインショップでも購入できるので、こちらから買ったほうが現実的かも。

使い勝手・・・専用のカートリッジに差し込んで使います。1つのカートリッジで50回程度吸えて、ちょっと吸って、また後で続きを吸うなんていう吸い方ができます。つまり、一気に吸う必要がない点が喜ばれています。また、匂いはほぼ気にならない程度と言われていますので、匂い嫌いな人は、プルームテックを選んでもらうとよいでしょう。

価格・・・なんと、本体はiQOSの半額以下と安く購入できます。また、アイコスが14回吸うと交換に対して、50回小分けにして吸えますので、コスパも良いでしょう。

glo(グロー)

もっとも後発の加熱式タバコです。香りが良いことも有名で、喫煙者には人気です。しかし、いかんせん、売っているところが非常に少なく、発売当初は宮城県でしか買えませんでした。

比較的匂いも少ないと言われていますので、嫌煙家のあなたにとっては選んでもらいたい加熱式タバコの一つかもしれません。

使い勝手・・・チャージャーの中に専用のタバコを差し込んで使います。チャージャーとスティックの2つに別れたiQOSと比べて使い勝手もよく、連続して吸うのに向いています。

価格・・・価格も6000円~7000円と安めです。ただし、販売しているお店が少ないことが残念なところですね。

いかがでしたか?一口に加熱式タバコといっても、様々な種類がありますね。もちろん、彼氏には禁煙してもらって、クリーンな生活を送りたいものですが、まずは、加熱式タバコから禁煙への第一歩を踏み出してもらう方法もあるかもしれません。もちろん、彼氏が未成年なら、絶対に勧めてはいけませんけどね。

この記事を気に入ったらツイート!
今なら3名様にAmazonギフト千円分が当たる(5/31迄)

※ツイートするだけで抽選対象になります。
※当選者にはTwitterのメッセージでご連絡します。また当選者のTwitterのアカウント名は公式Twitter上で発表します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です