初詣は元旦でなくてよいの?元日に参拝できなかった人へ

亀戸天神

あけましておめでとうございます。もう、初詣は行かれました?まだ?

それなら、初詣のマナーを勉強して、改めて行けるタイミングで詣でることをおススメします。なぜならば、初詣は元日に行かなくてもよいのです。あの混雑は苦手・・・。という方も、忙しくて行くタイミングを逃してしまった方も、これを読めば安心。

初詣の正しい知識とは?

初詣は節分までOK

1月1日、元日は特に神社、お寺は混雑しますよね。筆者も毎年、明治神宮に参拝することにしていますが、数時間待ちは当たり前。午後には多少、混雑も緩和されますが、元旦(お正月1月1日の朝)は、とてもウンザリするほど混み合います。

そこで、別の日に出かけたいと思うのですが、これは大丈夫なのでしょうか?そこで、1月1日元日以外に初詣をしても大丈夫なのか調べてみました。

おススメの初詣のタイミングは、いくつか区切りが設けられているそうです。例えば、1月1日から3日までの三箇日、七草粥を食べる7日までが、松の内。1月15日の小正月。

初詣は、三箇日まで。間に合わなければ松の内に。それも無理なら松の内、いやはや忙しすぎて・・・。なら、小正月までOKなのだそうです。

実は海外に出かけていていけなかった・・・。それなら、節分までは何とか初詣として神様に認めてもらえるようです。(参考:初詣、いつまでに行けばいい? 参拝マナーをおさらい

神社でもお寺でもどちらでも大丈夫

では、参拝するのは、やはり神社でなければダメ?

それも誤った認識なのだそうです。確かにお正月は神道のイベント。神様にあやかるべき!と神社へ足を運ぶ人がたくさんいますが、お寺への参拝でも良いのだそうです。

ちなみに、日本は神仏習合といって、太古の昔に仏教が伝来した頃から、仏教と神道をミックスしてきた国民性なんですね。そのため、初詣も神様だけの専売特許ではないんです。

ただ、出来れば、どこかのお寺の檀家さんだったり、氏神様がいる場合は、そちらを優先して参拝することがマナー。それは、そうですね、神様仏様も邪険にされたら拗ねてしまいますからね。

まだ、初詣に出かけていないかたは、これを参考にぜひ、近くの神社やお寺に出かけましょう!