彼氏がテレビのAD!本当に忙しい彼と恋愛できるの?

テレビのADの男性

寝られない、帰れない、お風呂に入れない、とにかく仕事がハードとネガティブな噂がつきまとうテレビ局のアシスタントディレクター、通称ADの仕事。

激務な仕事と引き換えに夢をおいかける男性の姿はかっこいいものです。

でも、ことADの男性と恋愛や結婚をしようとすると、会えなかったり、会えたとしても不規則な時間になってしまいがち。デートもままなりません。

結局、長く付き合えないなんて悲しい事態に陥ってしまうカップルも少なくないようです。

そこで、本日は、あなたの彼氏がテレビ局のADだった場合に、上手に付き合うコツをご紹介したいと思います。

ADの彼と付き合うデメリット

ブラック企業が世間を騒がせていますが、テレビのADの仕事はブラック企業を凌ぐ凄まじいものだと言われています。

実際に筆者も近いものを経験したことがありますし、広告業界で働いていたのでテレビ制作現場の近くにおりました。

つぶさにADさんを見るにつけて感じることは、「好きでなければ続かない仕事」「入れ替わりの激しい世界」です。

まず、たまに休日はありますが、突然、出勤になってしまったり、土日に決まってお休みなんて人はまずいないでしょう。それ以上に、そもそも家に帰れなことが多く、ロケの予定が入っていると車の中で仮眠したり、会社で寝泊まりなんてことも日常茶飯事です。

まさに某栄養ドリンクのCMではありませんが、「24時間働けますか?」の業界です。精神的、体力的にタフでなければ生き残れません。

給料面は、テレビ局なら高いだろうと思いきや激安で、20万円台が普通です。ギリギリ生活できるレベル。もっとも、経費にいい加減な部分がありますから、食事や差し入れは会社で手に入ることも多く、その分、なんとか凌いでいる感じでしょう。

ADの彼と付き合うメリット

とはいえ、デメリットばかりではありません。

ADはテレビ制作会社のクリエイティブな登竜門であり、その後、ディレクターに昇格し、番組制作の采配を振るうことも可能です。

どこまで出世できるかは、勤めている制作会社がどれほど業界の中で力を持っているか?と、本人の人間性です。この業界は、人のつながりが非常に重要で、大きな仕事に恵まれたり、出世させてくれる人と出会えることで、未来が大きく変わってきます。

従って、処世術や生きる力を持っている人が多く、良い意味でズルい人が多いような気がしますね。

その意味で、彼氏としては頼もしく見える人が多いように思います。

将来、給料がどの程度アップするかは運にもよってきますが、あなたが恋愛する理由が「お金」目当てではなく、彼氏の人間性に惹かれて選んだのなら、決して間違った選択とはいえません。

どうしたら上手に付き合える

彼と付き合ってゆく上での最大のネックは、やはり「時間」です。

仕事オンリーな生活になりがちですから、彼氏と一緒にマッタリ過ごしたいという夢は中々叶えられないかもしれませんね。

たまに家にいても、1日中寝てしまったなんて話をよく聞くほどです。

従って、デートで旅行したり遠出することは期待してはいけません。どちらかといえば、一緒にご飯をつくったり、一緒に映画観たりと「一緒に生活すること」を一つのデートの形態にすると上手くいくことが多いようです。

特に長く付き合いたいなら、早々に同棲してみるのも一つの方法。

彼氏も普段、家事にまで手が回らず生活が荒れがちですから、家に好きな彼女がいることは、一つの息抜きになりますし、生活をサポートしてあげることができる良い関係を築けるでしょう。そのまま、結婚にスライドするカップルも少なくありません。

また、筆者の個人的な経験もありますが、どうしてもADの仕事は定時に帰る仕事ではないため、仕事のメリハリが失われがち。

どこからが仕事でどこからがプライベートか曖昧です。

従って、家に彼女がいることは、気持ちを切り替えてプライベートな空間に戻っていく一つのきっかけにもなるのです。

いかがでしたか?激務で有名なテレビの仕事。その中でも駆け出しのADな彼氏と恋愛をするにはコツをつかむことが大切なのです。