結婚すると大変!30代で仕事が落ち目になる男性の特徴

出世できない男

一番理想的な結婚生活は、夫の収入が順調に伸びてゆき、子供が高校や大学に進学する時に金銭的に余裕のある生活を送れることです。オーソドックスに20代で結婚した場合、夫が40代に差し掛かる時、やっぱり平均以上の給与がもらえるようになるのが良いですよね。

でも、ちょっと待って下さい。40代で最大のパフォーマンスに達するためには30代後半の時期が大切です。30代後半って、管理職について仕事の采配を振るう人と、万年平社員のままで落ちてゆく人に分かれてゆく時期でもあります。この時期を無事に乗り越えられた人が40代に理想的なパパとして安定した生活を得ることができるのです。

一方、20代は順調に仕事をバリバリこなしていたのに、30代で落ち目になってしまう男性はどんな人なのでしょうか?

目標に一貫性がない

30代で出世競争に負けたり、給料が伸び悩む男性にはある共通点があります。それは、目標に一貫性がないことです。

例えば、ある時期は、システムエンジニアを目指していたかと思えば、ある時は芸術の才能を伸ばしたいとクリエイティブな仕事に就いたりと目標が5月の天気のように変わってしまいます。細かいところでは、30歳までに結婚といっていたのに、35歳まで結婚するつもりはないと言ってみたり、人生のスケジュールがコロコロ変わってしまう人も含みます。

このような男性は、転職回数も多いのが特徴で、転職の度にそれなりの理由をつけるのですが、よくよく聞いてみると必然性が少なく、本当に転職が必要だったのかも分かりません。

なぜ、このような男性は30代で落ち目になってしまうのでしょうか?

それは、人生が足し算であることと関係しています。誰でもそうなのですが、何か職につながる技能を磨きたいと思えば、何年も何十年もかけてコツコツと勉強し、積み重ねてゆくことが必要です。大体、この成果が出て来るのが30代の後半です。

人生の目標がコロコロ変わってしまう人は、この足し算が出来ていないことになりますから、地道に努力を続けた人に追い越されるのです。

行動が伴っていない

目標がコロコロ変わるタイプの男性の他に、こんなタイプも30代で落ち目になります。それは、口では高い目標を公言するものの、行動が伴っていない人です。

例えば、資格を取る!と言っておきながら、何年経ってもちっとも資格を取れない人。このような人は30代でどっと落ち目になります。

昔、こんな経験はないでしょうか?「私、勉強してないよ」と言っておきながら、ちゃっかり勉強している人。そんなちゃっかりさんは社会人にも大勢います。電車の中で勉強に勤しんでいる人、よく見かけますよね。

30代ともなると、それなりに資格や知識を持っている人が増えてきます。そうして成功する人は、自分が立てた目標にしっかり責任をもって取り組んできた人に他なりません。一方、行動が伴っていない人は、いつまで経っても次のステージに行けないわけですから、努力している人にどんどん追い抜かれてしまい落ち目になってしまうのです。

人のせいにしがち

人のせいにしてしまう人も30代で落ち目になってしまう人の典型パターンです。何がいけないのでしょうか?

それは、人のせいにするから甘い人間に違いない!だけではありません。確かに人のせいにしてしまうことは、自分の行動に責任を持たないことですから、自分の成長も見込めません。先ほどからご説明しているように、自分に甘さがあると周りに抜かされてしまい落ち目になることも当然あります。

しかし、それ以上に人望を集められないのです。実は、出世する人は、仕事の能力が高いだけではなく、同僚や上司から人望が厚く、人間関係も良好な人が選ばれます。

社内政治という言葉がありますが、会社内での評価は、その人の能力以上に人間関係が幅を効かせているといっても過言ではないでしょう。

人のせいにしてしまう人は、当然、周りからは好かれないでしょう。そんな人望のなさが彼の出世を阻み、気がついたら窓際なんてことになってしまうのです。

いかがでしたか?30代後半に落ち目になる男性の特徴は自分に甘いという共通点があります。これらはすでに20代から現れているものですから、注意深く観察してみてくださいね。