LINEを使って元カレと復縁!上手に元サヤに戻る方法とは?

彼氏と元鞘する方法

付き合っていた彼と別れてしまった後、やっぱり彼のことが忘れられなくて復縁したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

上手にやれば再びチャンスは訪れるものです。それが恋愛の醍醐味。

そこで、本日は、元カレとやり直すために、LINEを使って復縁をするための術を紹介していきたいと思います。

別れた後すぐに送るのは控える

元カレと別れてすぐにLINEを送るのは控えましょう。お互いに冷却期間をとることがいいです。

すぐにLINEをしても、まだ別れたことに対する気持ちの整理もついていないはずです。

しばらく考えて、気持ちを落ち着かせてからLINEをすることで、元カレからの返信も期待ができます。

LINEに変化をつける

LINEをする前に、自分のステータスメッセージやタイムラインで変化をみせましょう。

元カレに直接LINEを送る前に、まずは自分のステータスメッセージを、今までのとは別に新たに書き込んでみるとか、タイムラインも公開していた場合には、近況を報告するつもりでアップしてみるのもいいですよ。

元カレには直接関係のない内容にしてみたり、ポジティブになるようなメッセージや、タイムラインでアピールしてみると、元カレからも何かしらの反応があったり、コメントがなくても、LINEを開くたびにあなたの更新された内容が目に留まるはずです。

元カレの中にあなたの存在を意識させておく効果的な方法になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

適度な冷却期間を

ある程度、時間が空いてから気持ちも落ち着いたところで、元彼にLINEを送る際に、明るい感じであいさつから送るのがベストです。

「久しぶりだね!」「元気にしてる?」といった気軽に返事ができる内容にしてみることで、元カレが反応してくれるかどうがをうかがうことができます。

復縁したい気持ちが焦りすぎて、久しぶりのLINEで単刀直入に復縁を迫ることがないように送るのがポイントです。

すぐに返信を書かない

元カレから返信があったとしても、立て続けにLINEを続けないのがコツです。

一定時間空けながら、定期的にやり取りを続けていくことが、復縁への近道となります。

嬉しくてすぐにでも返事を送りたくなる気持ちになってしまいがちですが、感覚を空けながら続けていけるようになると、元カレも返事がしやすいはずです。
また、別れたあとですので、ある程度の距離ができてしまっているはずです。

その距離を急いで埋めようとすると、かえって失敗してしまうこともありますので、焦りは禁物です。

たまにはスタンプも

別れたあとに元カレとLINEのやり取りができるようになってきた頃に、たまにはスタンプを送ってみるのもいいでしょう。

話しの終わりに送るのもいいですし、自分の感情を言葉に表すよりスタンプに置き換えて送るほうが、重くなることはありません。

スタンプばかりになってしまうとやり取りも続かなくなってしまいますが、言葉にするにはまだ抵抗があるときや、恥ずかしいと感じた時には気持ちを伝えるのにスタンプは有効です。

上手に活用しながら、やり取りを続けていくことを意識しましょう。

徐々にLINE電話を併用

LINEでやり取りが頻繁に続くようになってきたら、「LINE電話しようか」と聞いてみるのもいいですね。

LINE電話で話ができるまでになったら、付き合ってた時の楽しかったことや共通の話題で盛り上がれたりすることでしょう。

また、元カレに新しい彼女がいないかどうかも確認することができますし、話し方でもだいぶ元カレの心境を探ることができるはずです。

まとめ

元カレと復縁したいと思ってから、LINEでつながっていたとしたら、焦ることはありません。

またゆっくりとLINEのやり取りを再開していけば、自然と復縁につながっていきます。

紹介してきたスタンプやLINE電話、タイムラインやステータスメッセージなどをフルに活用して、復縁目指していきましょう。

いかがでしたか?恋愛には、辛く悲しい時期もありますが、上手にラインを活用して彼氏と元鞘に戻ってください。