酔っ払って男が電話をかけてくる!脈ありな理由とその男心

酔っ払う男性

お酒に酔っ払った状態で電話をかけてくる男性がいます。

不満たらたらだったり、暴力的な電話は別ですが、それほど嫌な雰囲気ではなかったり、ちょっとしたセクハラちっくな電話で、怒るほどではないけど迷惑だな~程度なら、怒らずに軽く応対した方がよいかもしれません。

なぜならば、それは相手の酔っぱらい男性があなたに気がある「脈あり男性」の可能性があるからです。

そこで本日は、男性が酔っ払ってあなたに電話をかけてくる理由と男心について考えてみたいと思います。

ずっと好きだったけど言えなかった

お酒を飲むと気持ちが大きくなる男性はたくさんいます。普段、大人しくても、ここぞとばかりに気持ちが大きくなって本心がババっと出てしまうのです。

酔っ払ってあなたに電話をかけてきた男性は、もしかしたらあなたのことがずっと前から好きだった可能性があります。でも、職場という閉塞的な環境で、好きの気持ちを伝えられずに悶々としていたのかもしれません。

そのような気持ちがお酒の力で、ドッとでてしまったなんて話はよく聞きますね。

この時の男心としては、一種の告白のようなもので、彼としては恥ずかしさも相まって、くだらない話をしつつも心のなかでは、「俺の気持ちが伝わってくれ」と感じているものです。

もちろん、その電話で告白成立として取り扱う必要はありませんが、あなたも相手の男性が嫌いでは無ければ、改めてランチに付き合ってあげるなど、距離を縮めるきっかけにしても良いかもしれません。

周りからおだてられている

女子会の定番は「恋バナ」ですが、男の飲み会も必ずと言ってよいほど恋バナがあります。

男性の恋バナは、周りから半ば強制的に自分の好きな女性を吐露させられるような雰囲気で、お酒の力も加わって、「言わされる」感じに近いものです。

そして、強制的に心に秘めた好きな人を言わされた後は、もう大変。周りから、その場で告白しろ!とおだてられます。

盛り上がっている雰囲気を壊すまいとキッパリ断れる男性って、そう多くありません。その結果、あなたに電話をしてきた・・・。そんなところでしょうか?

もちろん、こんなことを言うと、ちょっと嫌だなと思うかもしれません。でも、これって男性の一種の儀式みたいなものなんですね。中々、告白ができない男性を周りがサポートして距離を縮めさせようとしているのです。男性特有のノリでやってしまっているので、時として逆効果なこともありますが、大抵の場合、電話をしてきた男性は、あなたのことに興味があることは間違いないので、悪く受け取らないであげてください。

あなたの気持ちを確かめようとしている

酔っ払って電話をかけてくる男性の話し方は、ちょっとエロネタを交えたセクハラまがいの内容だったり、あなたをちゃらかしたような雰囲気だったり、とにかく真面目な電話ではなかったはず。

この時の男心として、あなたの気持ちを確かめようとしている心理が働いているものです。

電話をした相手の女性がまったくの脈なしなのであれば、すぐに電話を切られるかもしれませんし、逆に自分に対して多少なりとも脈ありなのであれば、迷惑そうな返事をされても邪険にはされないはずです。

これは、小学生の時、好きな女子にちょっかいを出してしまう男子の心理に似ています。ちょっかいを出して、追い払わなければ、まんざらでも無い!と判断して、さらにアプローチしようとしているのです。

まぁ、女性にはない心理なので、馬鹿な男だと思いつつ、嫌いでは無ければ適度に相手の電話に付き合ってあげましょう。

急に寂しくなってあなたの存在を意識した

飲み会も終わり、みんなと別れた後に、急に寂しさがこみ上げてくる人は多いものです。

アルコールの影響かは分かりませんが、居酒屋を出た瞬間に肌寒さを感じて、気分的にも落ちてしまう人は少なくありません。

そんな時にふと、誰かの声を聞きたくなるのも男性心理の一つです。その誰かとは、自分のことを理解してくれそうで、安心できる相手です。

この状況で電話をかけてきたのなら、それはあなたに対して安心感を感じているということ。もちろん、ほのかな恋愛感情もコミコミです。

加えて、悩み相談をしてきたら、あなたのことが好きであることに疑いの余地はありませんから、別日に電話の理由を追求してみましょう。あっさり、告白をしてくるかもしれませんよ。