恋の脈あり!上から目線の男でも気がある男性の3つの特徴

上から目線で偉そうな男性は脈あり

いつも、なんか威張っているようでムカつく!

そんな男性でも、実はあなたのことが好きだったりする場合があります。実は脈ありなのに見逃している残念な人を見るにつけて、その男性の本当の男心を分かってあげて!と叫びたくなってしまうのは筆者だけでしょうか?

そこで本日は、上から目線で威張っているけど、実はあなたのことに興味がある脈ありな男性の特徴をご紹介したいと思います。

偉そうに一緒に帰ろうと言ってくる

職場の男性で、こんな人はいませんか?

「もう、遅いから帰るぞ!」

とか、勝手に帰る時間を決めつけようとしてくる男性。しかも、タイミング的に「一緒に帰ろうってことじゃん!」的な場合です。

このシチュエーションでは、ご推察の通り、その男性はあなたと一緒に帰ろうとしています。脈なしな男性であれば、「そろそろ帰ったほうがいいよ」くらいしか言わないものです。

でも、何で偉そうにいうのでしょうか?

それは、相手の男性が一見すると気が強そうでも、実は心根は臆病だったり、優しい性格だからです。要するにあなたに対してどう誘えば良いのかが分からずに、威張ることでウンと言わせようとしているのです。

男性って不思議なもので、恥ずかしい、怖い、どうして良いか分からないなど、勇気を出さなければいけない場面で偉そうになってしまう傾向があります。だから、恥ずかしさや断られたらどうしようという気持ちがあなたに対して強く出てしまうのですね。

勝手にあなたの行動を決めようとする

何かにつけてダメ出ししてくる男性がいます。あの時のあのしゃべり方はダメだとか、こんな場面ではこうしたらダメだとか・・・。聞いていて殴りたくなるくらい面倒な存在ですが、あなたに対して気がある場合が多いです。

そもそも、男性社会では、自分が目にかけた後輩に対して、色々とダメ出しをして従わせる文化があります。先輩、後輩の関係ってやつですね。後輩は、先輩から厳しくしつけられる代わりに絶対的に付き従います。

この関係に慣れている男性は、恋愛でも同じことをしてしまおうとします。

もちろん、あなたのことを後輩として見ている訳ではありません。あくまでも好きな恋人候補です。でも、その感覚は先輩後輩関係のそれと似ています。

こんな話をするとイラッとくる人が多いかもしれませんが、男性の中ではいつまで経っても女性は下です。自分に付き従う存在という感情が残っています。女性蔑視だ!というかもしれませんが、感覚的なものなので仕方がありません。

でも、こう考えると分かりやすいです。それは、男性が女性に対して「守りたい存在」として捉えていると思うとよいでしょう。下というか、実際は守るべき相手。だからこそ、自分が良いと思う行動は、気になる女性に対して強制させようとしてしまうのですね。

もちろん、女性にとっては逆効果になることは当然ですが、恋愛慣れしていない男性ほどやってしまう間違った行動です。

あなたの性格を決めつけようとする

「君ってこんな性格だよね」のような発言をする男性も脈ありな可能性が非常に高いです。

上から目線で勝手に私の性格を決めないで!と怒りたくなりますが、ちょっと大人になって、ハイハイと聞いてあげましょう。

よく、「女性は共感脳だ」と言われますが、では男性にも共感する感情が無いかといえばそうではありません。

例えば、「つるむ」という言葉があります。2人ないし3人の男性同士がいつも一緒に過ごすことを指すことが多いですよね。

そうなんです。男性って女性以上にいつも打ち解けた仲間で過ごすことが大好きな生き物なんです。

そんな男性ですが、好きな女性にも同じことをしようとします。つまり、相手のことを俺は理解しているよオーラを醸し出すことによって距離を縮めようとしているのです。

元々、女性にはそんな文化はありませんから、理解できずに「上から目線で嫌だな」と感じてしまうのですが、逆に男性は良いことだと勘違いしています。

だから、あなたの性格を決めつけてくる男性がいたら、恋愛感情があるかはともかく、かなり興味を持っていると考えてよいでしょう。