クソ真面目彼氏と付き合う!どんなデメリットがあるの?

真面目な彼氏

恋ピットでは、これまでクソ真面目な彼氏と付き合うをテーマに取り上げてきました。『真面目すぎる彼氏にもメリットが!マジメでよかった3つの理由』や『クソ真面目すぎる彼氏の上手な付き合い方』といった記事がそれで、真面目な彼氏にもそれなりのメリットがあることをお話してきました。

しかし、メリットがある一方、真面目さが恋愛をする上でのデメリットになる場合があります。そこで、本日は、クソ真面目な彼氏と付き合うデメリットな部分にスポットを当てて考えてみたいと思います。

精神的に疲れやすい

真面目にも様々なタイプがあります。義理人情に厚く人を大切にするマジメなタイプ。映画の中で高倉健さんが演じる主人公のようなタイプですね。もう一つが、まるでマニュアル通りにしか動けないような機械人間を連想させる真面目タイプ。杓子定規と言ったほうがよいかもしれません。

前者の義理人情にマジメな人は、人付き合いの仕方にコダワリがあって、それを貫こうとしているタイプ。一方、後者のマニュアル通りに行動しようとするタイプは、人付き合いに限定せず、あらゆる問題をセオリー通りに対処しようとします。

この2種類の真面目くんにはどのような共通点があるのでしょうか?それは、どちらも何かにコダワリがあって、融通がきかないということです。そして精神的に繊細で疲れやすい性格の持ち主でもあるのです。つまり、性格がナイーブであるということです。

人間誰しも理解し合える間柄であればよいのですが、職場の人間、友達同士でも、それぞれに利害関係があって、みんな考え方が違います。その中でコダワリが強いと、正しいことを言っていても、自分のコダワリばかり押し通してしまい、相手からは「何で俺の、私の考え方を理解してくれないの?」と険悪な関係に陥りやすい状況となります。

それにより、人間関係に疲れる局面が多くなってしまいます。

恋愛に置き換えてみれば、あなたの彼氏が冒頭でご紹介したどちらのタイプの人であっても、あなたのことを大切にしてくれる一方で、あなたの考え方を深く理解してくれることはありません。

なぜならば、考え方に融通が効かないため、あくまでも彼自身に置き換えて相手を捉えようとする傾向があるからです。日本人が欧米人の発想をなかなか理解できないようにマジメな彼氏は彼女であるあなたの性格を理解するのに苦労するでしょう。従って、すれ違いが多くなるかもしれません。

トラブルの対処に難あり

次に問題になるのが、トラブルに対する対処です。恋愛期間中であれば、あまり問題にならないかもしれませんが、いざ結婚をして夫婦としての歩みをはじめた後に経験するであろうトラブルです。

夫婦で生活するということは、例えば、保険を契約するかもしれませんし、住宅ローンを組むかもしれません。そして何よりも子育てをしてゆくことになるでしょう。

恋愛中は経験することのなかった新しい出来事が次から次へと起こります。夫婦で対処しなければいけない問題を「トラブル」と捉えれば、大小さまざまなトラブルと解決の連続といっても言い過ぎではないでしょう。

そのような中で、夫が果たす役割は、やはり一家の大黒柱としてトラブルを解決してゆく能力ではないでしょうか?

さきほど真面目な人は融通がきかないと書きましたが、トラブルは真正面からぶつかっても解決しない問題です。少し視点を変えて考えることにより初めて解決策が見つかります。マジメな彼氏は問題の解決能力が心もとないと思います。

もちろん、あなたが彼氏のマジメな性格を理解して、足りない「柔軟性」の部分を補完してあげるという方法もありますが、彼氏はトラブル対処が下手かもしれないという発想は持っておいて損はないでしょう。

お金には縁がない側面がある

サラリーマンであっても自営業であってもお金を稼ぐために大切な能力があります。それは、他の人と違う視点で仕事を進めるということです。サラリーマンで出世を望むなら、他の同僚ができない仕事を抜きん出てできる必要がありますし、自営業であれば、他の業者がまだ手をつけていない世の中のニーズを掘り起こす必要があるでしょう。

「四角いものを丸く捉える」発想ができる人の方が、そうでない人よりも出世や、ゆくゆくはお金に恵まれる傾向があります。

その点、真面目な人は、正面突破を試みやすいため、努力と結果が結びつきにくいのです。もちろん、市役所勤務やドライバー、職人の世界など、アイディアよりも正確さが求められる職業においては力を発揮する場面もあるでしょう。

しかし、残念なことに現代社会では、アイディアや柔軟に仕事に取り組める人の方が評価される時代です。従って、悔しい経験をすることも多いでしょう。