クソ真面目すぎる彼氏の上手な付き合い方

真面目くん

男性の中にはとても真面目で、とても優しく彼女を大切にしてくれる素晴らしい方もいます。一方、とても野蛮で彼女にいうことなど全く聞かず、時間もルーズで金遣いの荒い人もいます。

この2人を比較した場合、何故か、後者の荒くれもの系男子に魅かれるというのも女心。

しかし、彼氏がマジメであればよいという訳でもなく、クソ真面目過ぎるのも困ったものです。なぜならば、彼氏のペースに合わせすぎた結果、あなたが疲れ切ってしまうことも発生するからです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

ルーズ過ぎはNG。されどマジメ君も困ったもの 

さて何につけても真面目な彼氏さんの場合、時間的にも金銭的にもとてもきっちりしていて、いい面ばかりが目立つように思いますがそうではありません。

融通性もなく計画的にきちんきちんと物事が進まなければ、不機嫌になる・・・なんてことも経験したことはありませんか?そういったとき、何とか彼氏をなだめようとしたり、彼氏に合わせてあげようとするのも女性の細やかさの賜物ですが、毎回そのようなことをしていると気疲れしてしまいます。

このような、なんでも真面目な彼氏の場合、真面目過ぎて、少し疲れてしまう・・・ということを少しづつ相手に伝えてゆきます。

なぜ、そのような当たり前のことを!と思われるかもしれませんが、理由は単純です。男性にとって、女性の細やかな遠慮がちな伝え方では理解できないからです。それに、クソ真面目君は、ちょっぴり理屈っぽかったりもします。本来、理屈では理解できない女心を理屈で理解しようとしますから、まったくもって伝わらず、ジレンマに陥るだけです。

だからこそ、そんな当たり前のことを言葉にして伝えてゆく必要があるのです。ただし!もちろん、言い過ぎは禁物ですから。

2人でルールを作る方法もある

さは、さりながら、彼の性格を変えることは並大抵のことではありません。そんな時は、彼氏に、「あなたはマジメすぎる」ことを、喧嘩にならない範囲で伝えた後に、2人でルールを作る方法もあります。

例えば、今週のデートは彼氏が計画を立てると決め。次回のデートコースは私がイニシアティブをとるなど、交代交代でプランを考えることもおススメです。

デートだけではありません。普段の生活の中にもルールを設定してゆきます。料理は私がするが、片付けはあなた・・・といった感じです。そして、片付けが多少下手でも、叱らない!これが重要です。

折角、ルールを決めたのに、あなたが、彼のルールの範疇に入ってしまっては意味がないからです。

要するに、真面目な人は柔軟性に欠けるということです。その実、自分の思う通りに行かないと混乱してしまうタイプでもあります。ですから、いつも彼氏に合わせていては、あなたが疲れますし、逆に彼氏があなたに合わせすぎても、破断の原因になりえます。

そこで、2人でルールを使って、彼氏が自由に彼氏のペースで物事を進めて良い範囲を決めてあげて、それ以外は、彼女である、あなたの自由にさせてもらうといった、範囲を規定することで、彼氏も不満を爆発させずに、あなたのストレスを最小限に抑えることもできるのです。

メリット、デメリットの両方を併せ持つ、クソ真面目過ぎる彼氏ですが、お互いを尊重しつつ、マイペースを維持できれば、そんなに苦に感じることも多くは無いでしょう。