本気で恋愛が出来ない!自分の気持ちが乗らない3つの理由

気分がノラない

恋愛疲労という言葉を知っていますか?失恋などで恋愛に疲れてしまった場合にも使われますが、頭では恋愛をしたいと思っているのに、なんだか気分的に乗らないときにも使われます。

失恋の場合は、時間がたてばショックも薄らいでいき立ち直ることができますが、もっとも厄介なのは後者。恋愛をしたいのに気分的に乗らない状態のときです。自分ではどうすることも出来ずに、それが新たな悩みになって、いつしか恋愛のことを考えるだけで怖くなってしまいます。

どうしてそうなるのでしょうか?そしてどのように解決すればよいのでしょうか?本日は、恋愛したいけど気持ちが乗らない時の対処法をご紹介したいと思います。

実は当たり前の感覚

この気分が乗らない状態・・・。もしや、自分だけ?と悩んでいるかもしれません。しかし、実は特別な感情ではありません。

例えば、受験勉強を頑張っていた頃のことを思い出してみてください。一生懸命勉強していたのに、いつの間にか、どうしても勉強がはかどらずに腑抜けのような気持ちになってしまった時期ってありませんでした?いわゆるスランプです。

大学や高校への入学がお見合いだと捉えれば、受験勉強と恋愛ってちょっぴり似ていると思いませんか?目標に向かって気持ちを高めながら努力する。そう考えると同じ種類の問題なことが分かります。

受験勉強でスランプに陥ったのはどうしてでしょうか?それは、四六時中、勉強のことばかり考えていた結果、無意識のうちに脳が食傷気味になってしまい拒否をしてしまったからですよね?

恋愛も同じで、恋愛のことばかり突き詰めてしまうと、自覚はなくても頭がオーバーヒートしてしまい、逆に恋をすることを避けようとしてしまうのです。これが、あなたの気分が乗らなくなってしまった原因。

少し恋愛から離れて息抜きをする時間が必要な証拠です。

無理に「恋愛」をしようとしている

周りの友達はみんな彼氏持ち。そろそろ結婚する友達が増えてきた。理由は様々ですが、周りの友達と自分を比較しすぎると、恋愛が億劫になってきます。

恋愛って理屈でするものではないなんて言葉を耳にすることがありますが、やはり、筆者もそうだと思います。ある日突然、自分にぴったりな男性が目の前に現れた瞬間に心が燃え上がる・・・。それが、恋愛ですよね。そうです。本能的なものなのです。

だから、恋愛も結婚も直感が大事。タイミングが重要なんて言われますが、直感的に「この人だ!」と感じる瞬間がベストタイミングなんですよね。

でも、周りの友達に突き動かされる形で、恋愛しなくちゃ!と思うことは、あくまでも理屈でしかありません。それは、真実の恋ではなく、単なる焦りなのです。

いくら焦っても心には嘘をつくことができません。その結果、左脳は恋愛の方向を向いているのに、右脳は躊躇しているなんていうチグハグな状態になってしまうんですよね。それが、気持ちが乗らない状態を作り出すのです。

一番良い対処法は、一旦、恋愛を目標にすることをやめるです。焦ることはありません。その時が来た時に心が自動的に恋をします。それよりも、今は頭で恋をしてしまっているのですから、一度、恋から離れてみることが大切です。心をリフレッシュさせてあげましょう。

他人と自分を比較しすぎる

恋愛に限らず、常に他人と自分を比較してしまう人がいます。このタイプの人も、いざ恋愛をする時にすぐに疲れてしまい気分がノラない状態になってしまいます。

例えば、友達の方が美人だとか、あの人の方がファッションセンスがあるなど、何かにつけて比較して自分を貶めてしまいます。誰でも多少は周りを観察して自分と比較するものですが、行き過ぎると様々なところで綻びが出てきてしまいます。

普段からそのようなクセががあると、自尊心を育てることができません。自尊心というとなんだか悪い性格と誤解する人がいますが、そうではありません。

自尊心は「自分」を維持するために必要なアイデンティティのようなもので、誰でも最低限持っていなければいけない自信の一種なのです。

普段、自尊心がない人は、恋愛でも「フラレたらどうしよう」とか、「彼のことが好きだけど悪く思われたらどうしよう」などと、ネガティブな方向にばかり物事を考えてしまいがちです。そして、相手の顔ばかり気にしているので、相手はなんとも思っていないにもかかわらず、自分で勝手に疲れてしまうのです。

あなたに思い当たるフシがあれば、ご提案できる解決策は1つしかありません。人付き合いを増やすことです。人付き合いと言っても、すぐに彼氏を作れという話ではありません。女友達で構いませんので、休日はできるだけ友達と過ごすようにします。

これがなぜ良いのでしょうか?それは、人付き合いを増やすことで、自分は常に誰かから必要な存在として認めてもらっているという安心感を得られるからです。いわゆる「他人からの承認」です。

安心感が心に芽生えることができれば、自然と他人の目を気にしなくなるでしょう。比較もしなくなります。そして、恋愛に対する恐怖心や疲れも自ずと取り払われるのです。

恋愛というと、すぐに男女関係だけで考えがちですが、女友達との付き合い増やすことで恋愛にもよい効果を生む好例ではないでしょうか?