アラフォー女性はなぜ結婚しにくい?その理由とは

婚活

晩婚化が言われて久しいですが、やはり、40歳前後になると男性も女性も結婚は難しくなってきます。その理由は様々でしょう。

なぜ、アラフォーになると結婚が難しくなってくるのでしょうか?

本日はアラフォーの女性の結婚を難しくする原因について考えてみたいと思います。

こだわりが強くなる

あまり、本人が気が付いていないものとして性格的な要因があります。これは男女とも同じなのですが、人は年齢を重ねるにつれて、頭が固くなるというか、考え方に柔軟性が無くなってくるのです。

アラフォーともなると、考え方や生き方に自分なりのカラーが確立してしまう年齢です。これは悪いことではなく、当然といえば当然なのですが、こと恋愛に関して言えば不利に働きます。

もともと恋愛そのものが、全く違う考え方、生き方をしている者同士が、手を繋ぐ性質のあるものですから、意見が食い違ったり、生活スタイルの違いから喧嘩に発展することも多々あります。しかし、それを防ぐために、ある程度、相手に合わせる柔軟性は大切です。

一方、自分のやり方にこだわってしまうと、相手に違和感を与えるだけでなく、一緒に過ごすことでさえ窮屈になってきます。このことは男性も分かっていますから、ちょっとでもコダワリが強いなと感じればすぐに恋愛対象から外してしまうのです。

出産が難しくなる

今は子供を持たない夫婦は増えました。しかし、結婚を望んでいる男性の多くは、やはり子供を持ちたいと考えています。これは自然な摂理ですからどうすることもできませんが、女性も40歳を超えると出産が難しくなってきます。

ですから、子供の存在を夢見る男性からは、恋愛対象外にされやすいのです。

ただし、40歳を過ぎたからといって必ず結婚ができない訳でもありません。子供は養子など様々な方法で育てることができます。要するに男性から出産が難しいことを差し置いてもあなたと結婚したいと思わせる理由を作ればよいのです。

それは、お金や顔の良し悪しではなく、人間としての魅力です。「この人と一緒にいれば自分も成長できそう・・・」男性にそんな感覚を持たせることができれば、結婚も決して不可能ではありません。

相手に対するミスマッチ

アラフォー女性が結婚できない理由の一つとして、相手に求める条件面が男性のそれとマッチしなくなっていることもあげられます。

一般的にアラフォーの女性は、年下で高収入の男性を求める傾向にあります。それは、将来性があり、自分を安心させてくれる男性を望むからでしょう。

しかし、一方の男性も年下の女性を望む傾向にあります。これでは、条件がマッチすることはありませんね。

残念ながら結婚せずに40歳を迎えた訳です。全部、手に入れようとしてもそれは不可能です。ある程度、自分の将来設計を見直しつつ妥協することも必要です。

大切なことは、今、相手に若さや金銭的な安定性を求めるのではなく、一緒にいて気持ちが落ち着く相手なのか、そして、長く付き合える相手なのか?そんな心理面の折り合いで探すと案外見つかるものです。