アラサー必見!結婚向きの男性を探す3つの方法

結婚向きな男

アラサーになると、結婚が今まで以上にチラついてしまい、気軽に恋愛に進めないことってありますよね?
付き合う前から、家族構成や収入をチェックしてしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アラサー女子に結婚を見据えた男性の選び方を紹介します。
恋愛だけなら、たとえ彼にお金があまり無くても、自分の好きな顔やタイプなら付き合っていると楽しいかもしれません。
だけど、恋愛の先に結婚が見える男性と付き合いたいのなら、彼が結婚に向いているかどうかのチェックは必要です。

本格的に深い関係になる前に、まずは結婚向きの男性か考えてみましょう。

実家が遠い男性がいい

実家住みや、実家が近くにある男性は、何かと家族の判断を重要視します。
恋愛中は、あまり気にしないでも大丈夫ですが、結婚となると大きな問題に繋がる可能性があります。

実家が近いと、法事はもちろん家族の行事など、何かと理由を付けては1年に何度も彼の実家に顔を出すことになります。
特に彼が実家住みだった場合は、実家への生活費の負担や、町内会などの行事への参加を結婚後も変わらず要求される場合が多いです。

結婚を機に止めると「嫁のせい」と言われ、鬼嫁のレッテルを貼られる可能性があります。その点、実家が遠い男性の場合は、帰省は年に1度程度でかまいません。

「遠いので、なかなか帰省できずごめんなさい」と言えば、トラブルにはなりません。

また、実家が遠いということは、生活上で起きたトラブルは、自分ひとりで解決してきているということです。

「今まで親にしてもらってきたから、わからない」なんて言いません。

草食系が多い男性の中で、何かあったら頼れる男性は貴重です。

保険証をチェック

これは親しくならないと、なかなか難しいチェック方法です。

仲良くなった男性が「○○に勤めている」と言っていても、実際はその子会社や、派遣先が○○ということもあります。
恋愛中なら問題はありませんが、結婚するとなると勤務先は重要です。

本当の勤め先を確認するには、保険証のチェックが一番です。
あまりにも大手の会社に勤めていると言われた場合は「私、○○勤務の人って初めて会った!保健証見てみたい!」と天然ぽく尋ねてみてはどうでしょうか?

同じ靴やカバンを大切に使う

あなたが付き合うかどうか悩む男性がいたら、彼と何度か食事に行って、さりげなく持ち物や衣服をチェックしてみましょう。
恋愛だけなら、毎回違うコーディネートの男性もステキですが、結婚相手を考えた場合は、やはり金銭感覚がしっかりしている方がいいです。

ある程度許せる範囲なら、何年も同じカバンを使っている、古い革靴を手入れして履いている男性は安心して付き合えます。
物を大事にできる人は、人のことも大事にできると昔から言います。

たとえちょっとぐらいダサイ男性でも、結婚してみるとオシャレに興味がない分、あなたの好きなようにコーディネートできて楽しいかもしれませんよ。
カッコイイよさよりも、生活力を重要視して結婚した方が、長い結婚生活を安定して過ごせます。

まとめ

今、周りに気になる男性がいない人も、最後に紹介した同じ靴やカバンを長く使っている男性をまずは探してみませんか?
今まで興味がなかった男性でも、意外と結婚すると幸せにしてくれるタイプかもしれませんよ。