ラブラブだったのに!短命で終わるカップルの理由

付き合いはじめはラブラブだったのに、蓋を開けてみれば、すぐに別れてしまうカップルがいます。もちろん、最初から別れようと思って、付き合うカップルもいない訳で・・・。

付き合いつづければ、もっと違う道もあったかもしれないのに・・・。なぜ、すぐに別れてしまうのでしょうか?

本日は、短命でカップルが破局してしまう原因を考えてみたいと思います。

出会ってから告白までが短い

勢いで付き合って、すぐに別れてしまうカップルって意外に多いんですよね。

ありがちなケースとしては、普段、あまり仲良く話す間柄ではなかったけれども遠目にある女性に対して男性の方が興味津々。たまたま一緒に仕事をすることになったり、学生であればクラス替えなどで急接近。男性の気持ちが高ぶって告白。猛烈なアピールで付き合うことに・・・。

こんなパターンでしょうか。

でも、この流れって、実は、顔の好みや雰囲気などを気に入っているだけで、性格的なものをまったく見ていない向こう見ずな告白です。そして、告白を受けた女性も、勢いでOKを出しているだけで、性格が合うか合わないかは付き合ってみてからのお楽しみ。そんな、賭け的な恋愛なんですよね。

付き合ってから本当の性格が分かる訳ですから、単純に性格が合わないことが分かったり、頭の中で作り上げていたイメージと実際に付き合ってからわかるギャップで破局に向かってしまうということではないでしょうか?

恋愛に緊張しすぎた

どちらかが極度の緊張しいでも長続きしないことが多いです。特に男性側が緊張しいの場合、上手くいかないことが多く、勇気を振り絞って告白したのはいいが、恋愛をどう進めて良いかが緊張のせいでまったく分からなくなってしまうパターンです。

いざ、デートの予定を組んでも、無難なものに終わることが多く、当日も緊張のため無言の時間が続きます。1回や2回であれば、許される沈黙も、何度もデートをしているにも関わらず会話が弾まないと、女性側が愛想をつかしてしまうことにつながります。

ある程度、年齢を重ねていれば、相手の緊張が解けるまで待つこともできたりしますが、特に若いうちは男性が緊張している気持ちを汲み取ってあげることができずに、別れてしまうカップルが多数存在しますね。

悲しいことに、このような緊張しいの人は、若い時、本格的な恋愛を体験できないことになりますから、他の人よりも恋愛経験が少ないまま年齢を重ねてゆきます。そして、さらにモテない悪循環に陥ってきます。やはり、恋愛には勇気が必要ということなのでしょうね。

デートに本気になりすぎた

デートで本気を出し過ぎて、相手が疲れてしまう。または、男性側が本気になり過ぎるタイプの場合は、奢り過ぎてお金を使い果たしてしまい別れにつながってしまうことがあります。

実は、恋愛が長続きする人に共通するのが、デートで頑張り過ぎない人たち。お金の使い方も身の丈にあったもの。そして、デートする場所も、奮発していきなり、ネズミのテーマパークなどに行かずに近場で済ませたりします。もちろん、ファッションも普段着を少しだけランクアップしただけに留めていたりします。

要するに、友達の延長線上からお付き合いがはじまると破局しにくいカップルになれたりします。ここのところが分かっていないと、頑張り過ぎて尻すぼみになってしまう悪い循環に陥って、まるでガス欠してしまったように「もう、デートとかしたくない」なんて気持ちに陥ってしまいます。

なんでも、ほどほどにした方がよいのです。