夫が洗濯を担当すると朝の時間を有効に使える理由

旦那が洗濯をするメリット

結婚は、夫婦が協力し合って生きていくことが大切です。女性にとって、朝はとても忙しい時間です。

自分自身の出勤準備だけでなく、朝ご飯の支度や後片付け、子供たちや夫の送り出し、洗濯、ゴミ出しなど限りがありません。

この中で、夫が洗濯を担当することで朝の時間に余裕が生まれます。

この時間を使って、子供との時間を増やしたり、自分自身のくつろぎタイムを持つなど、時間だけでなく気持ちにも余裕が生まれてきます。子供がいる家庭にとっては、毎日の洗濯は欠かせません。子供たちの健康管理のためにも、洗濯をして清潔な環境を作ります。

洗濯物を妻の仕事ではなく夫に任せる

洗濯は、難しいことではありません。洗濯機がほとんどのものを洗ってくれるためです。しかし、洗濯物を干すのに手間がかかります。

洗濯の方法や干し方は、人によって大きく違ってきます。夜に洗濯をするのか、朝から洗濯機を回すのか、干し方や干す場所が変わってきます。

洗濯を夫が担当することで、すべてを夫に任せてしまいます。気になると手を出したくなりますが、手を出すと夫に嫌な思いをさせることになります。そのため、洗濯物は見ないふりをして、干し方も含め洗濯全般をすべて夫に任せます。

妻は、手も口も出しません。もし、洗濯を追加でしたい場合には、夫に訪ねてからお願いします。
朝の時間の中から洗濯を解放されると、かなりの時間が生まれてきます。洗濯のことで悩むこともありません。

時間がないとイライラすることがなくなり、朝からバタバタすることがなくなります。疲れた顔で出勤するのではなく、すっきりとした顔で仕事に臨む気持ちで家を出ることができます。

洗濯は、毎日することで生活に生活を送ることができます。清潔にすることは、衛生的にも大切で、健康を守ることにつながります。

洗濯を夫がすることで妻が子供との時間が増える

朝の時間に余裕が生まれると、子供との接する時間が増えることで子供の機嫌が良くなります。機嫌が良いと、朝の準備が早く進み楽になります。

親がイライラすることで、子供にイライラが伝染し、準備が進まず時間がかかります。特に小さな子供は、ちょっとしたことでも敏感に感じます。

泣き出すと準備が進まず、時間だけが過ぎていきます。子供のぐずりは夫ではなく妻の方が、機嫌が直ります。遊びたい時はパパでも、甘えたい時にはママに来ることが多いからです。ゆっくりと家族が仲良く一緒に朝ご飯を食べたり、一緒に着替えをする中で、親子の会話も生まれてきます。

洗濯を担当することは夫の妻への優しさの表れ

洗濯を妻がするべきだという考えを変えます。時間に余裕がある方が担当をすることで、家事分担が成功します。

朝の食事が妻の担当であるのは、子供の栄養バランスを考えて子供の健康を守るためでもあります。妻は、子供が生まれたころから子供の体調には目を配っています。今日は、どのようなものを子供の朝食に適しているかは、瞬時にひらめきます。

気温や体調、前日からの食事の流れなどから判断していきます。夫は、子供の好きなもの、自分の好きなものという考えをしがちです。子供優先の考え方は、子供が生まれたときから始まっています。

妻に時間の余裕ができるということは、妻自身の身支度の時間も増えます。きれいな妻でい続けてほしいという夫の優しさも感じられます。身支度にかける時間は、男性よりも女性の方が時間がかかります。時間に余裕がある夫が、洗濯を干す時間として朝の時間を使うことは、有効に時間を使っているという考えになるのです。