学生結婚を成功させるには?現役ママさんに学ぶ成功の秘訣

大学生同士の結婚

今は、晩婚の時代と言われています。しかし、早くから好きな人を見つけて結婚を考える。好きな人はいつどこで出会えるか分からないもの。だからこそ、早いうちに「この人」という最高の人を見つけられることは素晴らしいことだと思います。

一方、学生結婚は大学生同士の結婚になります。まだ、社会にでていないため、社会的な信用を得られておらず、人生経験も不足しがち。学生結婚を成功させるためには、様々な苦難が待ち構えています。

成功させるためにはどうしたらよいのかを先輩のママさんにアンケート。アドバイスを交えて考えてみたいと思います。

親の理解は絶対必要

勢いで学生結婚を考える人がいます。しかし、一歩立ち止まって欲しいことがあります。それは、結婚後の生活と子供が出来た時の対処法です。

結婚後にもっとも問題になることは収入です。継続的に生活していけるだけの収入を得なければ、すぐにでも結婚生活は破綻してしまいます。特に若いうちは収入も多くは得られません。そのため、共働きになることを覚悟しなければなりません。

加えて、子供が出来た場合に、子供につきっきりになるでしょう。そんな時に自分たちだけでは時間的に家庭を回すことができなくなるのです。だからこそ、親の援助が大切です。

学生結婚のポイントは経済力です。 アルバイトをしながら学業と家庭(子育て)は困難です。 親御さんの理解を事前に得ることで、親元での生活を送ることができます。
家賃や生活費を圧縮することができますので、 学業と子育てに集中することができると思います。(43歳女性・結婚10年目)

親にはあまり逆らわず、助言を聞き入れる。
親に逆らって学生結婚をして、結果親の反対が原因で離婚してしまったケースを知っています。学生結婚すること自体が親に反発する場合が多いのでせめて他の部分では言われた通りにする方が良いと思います。(27歳女性・結婚2年目)

2人で生きることを再確認する

経済的な問題、子育ての問題以外に学生結婚で大切なことがあります。それはお互いに尊重することです。

結婚生活は、一種の束縛でもあります。まだ、自分の未来はこうしたい、こんな夢がある・・・。そんな気持ちが完全に捨て去れない年代です。しかし、結婚するとなると、自分のワガママを押し通すことはできません。2人で生きてゆくということはそういうことなのです。

大切なことはお互いの目標や夢を2人で共有して、お互いに尊敬しあうこと。これができなければ学生結婚はすぐに破綻してしまいます。

お互いのことを束縛しあわない。お互いのことを尊重する。結婚したなら「この人と生きていく」と決める。(37歳女性)

は学生結婚しました。成功の秘訣は、結婚に縛られることを恐れず明るい未来へ飛び込む勇気だと思います。(26歳女性・結婚4年目)

いかがでしたか?学生結婚は難しいもの。その受難を乗り越えて幸せな結婚生活を営んで欲しいものです。