彼氏と復縁してもOKな条件とは?復縁をする前に考える4つのこと

復縁するということ

一度は別れても、彼氏との思い出が忘れられずに復縁したい。もう一度、やり直したい。

別れた原因にもよりますが、復縁を真剣に考えてしまったことはありませんか?

しかし、復縁は同じことを繰り返してしまう可能性を秘めた危険な遊び。もう一度、本当に復縁をして大丈夫か考えるべきです。そこで、本日は、復縁をする前に考えたいことをご紹介したいと思います。

別れた原因を再考する

復縁を考える原因は、自分の寂しさだったり、プライドだったりと、感情的な理由がほとんどです。もちろん、恋愛は感情抜きに考えることなどできません。従って、復縁すること自体は否定しないのですが、その前に考えておきたいことがあります。

それは、なぜ別れたのか?という根本的な破局原因です。それが、解決しないうちは絶対に復縁してはいけません。

復縁に成功しても、また同じ不満をもつことが目に見えているからです。まずはもう一度、別れるきっかけになった相手への不満を思い返して、その問題が解決しているのかを考えましょう。

相手も同じ気持ちでいるのか?

復縁をする前に、相手の気持ちも必ず確認してから復縁へのステージを進みましょう。何故でしょうか?

例えば、こちらから復縁をしたい!と一方的に感情を伝えるとします。その結果、もしかしたらあなたのラブコールに応じて、再び恋愛をスタートすることができるかもしれません。

しかし、その場合は、あくまでこちらが言い出したことになるため、対等な関係ではなくなってしまいます。つまり、自分が弱い立場におかれる訳です。

お互いがイコールの関係でなければ、復縁後にギクシャクしてしまうことになるでしょう。

感情的ではないか?

先ほど書いたように、復縁をしたい理由の多くは寂しさやプライドから発生する感情です。しかし、寂しいという感覚は、別れた彼氏でなければ解決できないものでもありません。

もしかしたら新しい恋を始めた方が、ベストな恋愛ができることだってありえます。古い思い出にしがみついているだけが人生ではありません。

本当に元の彼氏と復縁するしか自分が幸せになれる方法がないのか?を冷静に考えましょう。新しい恋愛のチャンスを探すより、元の鞘に収まった方が幸せになれると断言できるかを再考しましょう。

将来の目標を共有できるか

最後にもっとも大切なことは、彼氏と復縁した後、同じ未来を描けるか?を考えてみましょう。復縁してからダラダラとした恋愛を続けていても仕方がありません。ゴールは結婚!・・だけではダメで、どんな結婚生活をいつまでに始めるか。そして、何人の子供を作るか?または作らないのか?

そこまで自分たちの将来が描けるかが復縁後に恋愛を上手く進めるコツだったりします。

いかがでしたか?これらをすべてクリアして初めてうまくいくのが復縁です。一度、じっくり考えてみましょう。