視線が気持ち悪い!同僚や友達のキモイ目線の理由と対処法



同僚の気持ち悪い視線

職場の同僚や、親しい友達がやたらチラ見してくる・・・。なんだか、気持ち悪くて仕方がない!そんな悩みを持つ女性って、結構、多いと思うんです。

男って、なんでチラ見をしてくるのでしょうか?そして、どこを見ているの?女性にとって男心はわからないもの。本日は、こっそり視線を送ってくる男性が実際にどこを見ているのか。そして対処法までご紹介したいと思います。

だいたい「仕草」を見ている

男って、エロい生き物である!ことは、分かっていると思います。そして、視覚で捉えたビジュアルに反応する生き物であることも十分に分かっていますよね?

しかし、女性にとって、もっとも分かりにくいことが、「男は女性の仕草にもセクシーに反応してしまう生き物である」ということです。

分かりやすい例を示すと、髪をかき上げる仕草や、真剣にパソコンに向かっている顔。そんなちょっとした女性の風景に萌えているのです。本当に気持ち悪い!ですね。

なぜ、男は仕草に萌えるのでしょうか?実は、男は直接、目で見たものに萌えてしまう習性はあるのですが、それ以上に想像することの方が、より一層、もえぇ~っとなる性質があります。

女性の仕草をついつい見てしまうのは、例えば、「俺の彼女になった場合の日常」とか、「夜のベッドの上ではどんな顔に変わるのだろう・・・」そんなことで頭がいっぱいになっています。(さらに男性の視線が気持ち悪くなってしまった方、本当にごめんなさい・・・視線恐怖症にならないでください!)

体のパーツを見ている

よく女性も男性の筋肉質な胸が好きだとか、腕筋が好きなどと、パーツに萌えることがあると思いますが、男性も女性のパーツに萌えている場合があります。

特に多いのが、ウナジ周辺。なぜ、ウナジなのか?

男性共通の萌えポイントとして、髪の美しさがあげられます。恐らく本能的なものが関係していると思われますが、黒髪で艶があり、ストレートな髪の毛を嫌いな男性はいないでしょう。髪が美しいのは健康な証拠・・・。そこが男の本能と関係しているのかと。

その髪の毛の生え際は、男性にとって賛美の象徴ともいえるパーツです。あまり、良い答えになっていないかもしれませんが、そういうものなのです。

もう一つは、唇に注目している男性も多くいます。唇は、個性が現れるパーツの一つで、たらこ唇の人もいれば、細くキリッとした唇の人もいるでしょう。

唇の好みは男性によって異なります。しかし、自分の好みの唇であった場合はついつい視線を送ってしまうポイントになります。もちろん、目的はキスを想像することなのですが。

(さらに男性の視線を気持ち悪いと感じてしまったら、申し訳ありません。)

気持ち悪い視線の対処法

では、気持ち悪い同僚や友達の視線にどう対処すればよいのでしょうか?

対処法は結構簡単で、口に出して「なに?」ということです。ちなみに、睨みつけるは不正解。その理由をご説明します。

先ほど、体のパーツや仕草に萌える男性が多いというお話をしましたが、「にらむ」行為は、男性をさらに萌えさせることになりかねません。すべての男性が睨む行為に萌える訳ではありませんが、女性からキツクされると好意を持ってしまう男性が存在します。

相手がこのタイプだった場合、睨まれることを欲するばかりにチラ見がエスカレートしたり、「自分に好意があるのかも?」と誤解してしまいかねません。

女性にとって信じられないかもしれませんが、女性から怒られると、自分のことを好きかもと勘違いする男性は結構多いのです。

声に出して「なに?」ということは、周囲に「助けて」メッセージを出すことです。さすがに周囲の目があるので、男性側も自粛せざるおえません。男性の目線が気持ち悪いと感じたら、真っ先に声に出して「何?」と言ってやりましょう。

いかがでしたか?男性の視線に悩んでいる方へ、視線の意味と対処法についてご紹介しました。気持ち悪い目線に打ち勝てることを祈っております!


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • じゃ
    • 2016年 9月 29日

    自粛せざるおえません → 自粛せざるをえません

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る