なぜいつも片思い?あなたの恋が実らない4つの原因

片思いのラブコール

なぜかいつも本命の男性とお付き合いできない。片思いが止まらない・・・・。そんな残念な私。

恋愛が上手な女性と片思いばかりで本当に好きな男性とお付き合いできない女性の間にどんな違いがあるのでしょうか?

本日は、いつも恋愛が失敗してしまう万年片思い女子になる理由と、解決策について考えてみたいと思います。

緊張してしまい自然体になれない

これは男性も女性も同じなのですが、あまりに相手を意識してしまうと、振る舞い方もぎこちなくなってしまい、相手に近寄りがたい印象を与えてしまいます。もちろん、誰でも付き合いはじめは緊張しますから、適度な緊張があるのは問題ありませんが、人間関係を作れないほど緊張してしまっては元も子もありません。

原因は相手を意識しすぎてしまうことにあります。悪く言えば自意識過剰ですが、相手も人の子。男性の方だって、新しい出会いには緊張することを意識しましょう。

なお、相手に対する緊張をほぐす方法はいくつかあります。『緊張でデートが失敗!緊張しないコツとメリット』など、本誌でも緊張しない方法はいくつか紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

自己卑下しすぎ

「どうせ自分なんか」とか「自分には高嶺の花」など、いつも自分を低く評価してしまう人も恋愛が成就しない典型的なパターンです。

このようなことを自尊心が低いといいますが、何が問題なのでしょうか?

自尊心が低いということは自分のことばかり考えていて、オープンマインドではないということです。心がオープンマインドでなければ、相手の良い所を評価したり、相手に気づかったりと、相手と距離を縮め、仲良しになる準備もできないことになってしまいます。

そもそも、恋愛において、自分の性格や容姿、体型なんてどうでもよいことです。要はインスピレーションが合うかどうかが重要で、お互いのフィーリングがマッチした時に初めて恋愛が成立します。にも関わらず、初めから自己卑下してしまっていては相手と仲良くなる前に戦線離脱しているのと一緒です。だから、自己卑下ばかりしてはいけないのです。

付き合う前から破局を心配する

付き合う前から、もし○○くんと上手く付き合えずに別れることになったらどうしよう・・・。など、将来を悲観してしまう人も片思いばかりで終わる人の特徴です。

一歩立ち止まって考えれば分かるのですが、「もし、○○だったら」と、まだ起こっていないことを心配することはナンセンスです。付き合ってから2人で明るい未来を作り上げてゆくはずなのに、自分の勝手な想像で、未来を暗いものにしてしまうって、本当に悲しいことだと思いませんか?

恋愛はあくまで2人の息がぴったり合うのか合わないのかを調べるためのテスト期間です。はじめから悪いことばかり考えていてはいつまでたっても幸せになんかなれませんよ。

選り好みしすぎ

相手を選り好みしすぎてしまうのも、新しい恋愛をつかまえられない女性の特徴です。こんな顔の男性がよい、こんな性格で、仕事は、収入は、数えだしたらキリがありませんよね。

そもそも、恋愛はお互いに歩み寄り、双方、成長するための期間だと考えれば分かりやすいでしょう。はじめから完璧を求めても、そんな男性はほとんど世の中に存在しないと思って間違いありません。

それに、相手に高みを求めても、あなたはどうなんだ?と思われるのがオチ。ハイレベルな男性との恋愛を経験したければ、あなた自身にも人間的な向上が必要なのです。

最後に

本日は、片思いに終わる人の特徴について考えてみました。共通しているのは、ネガティブで自分が傷つくことを過度に心配していることです。恋は常に心が張り裂けそうになる思いをして勝ち取ってゆくもの。そこから逃げずに頑張りたいものですね。