父親攻略!結婚前提の彼氏を親に紹介するなら外食で!

食事会

結婚を前提に付き合っている彼氏。十分に相手のことも分かってきたし、彼からもプロポーズのサインが出ている。

そろそろ、お父さんに彼を紹介しなければ・・・。でも、スムーズにお父さんがOKしてくれるのか不安で仕方がない。どんな方法で父親に結婚前提の彼氏を紹介したら良いのか?

親に彼を紹介するのって、ハードルが高かったりしますね。そんな時は、食事の場で彼を紹介することをおススメします。特にレストランなどの外食。理由は、父親の中で彼の印象がUPするからです。

交渉は食事でするのが原則

海外の映画を見ていると、ビジネスマンやマフィア(?)が、交渉事をするとき、なぜか食事やお酒の席で難しい話をしている記憶はありませんか?

実は、これ、フィクションの世界だけではないんです。

実際のビジネスの世界でも、商談や契約をかけた交渉で、難易度高ければ高いほど、交渉相手と食事をしながら行います。なんで?と思われるかもしれませんが、そういうものなのです。

世界最高峰と言われる大学、ハーバード大学で実験まで行われていました。Harvard Business School Publishing『Should You Eat While You Negotiate?』によると、食事あり、食事なしにグループ分けし会議を行った結果、食事ありのグループの方が、価値が高い話し合いが行えたとする結果が導き出されたそうです。科学的にも十分に検証されているということなんです。

筆者はその理由を、本能的にお互いで分かち合うこと、つまり、生きるために最も大切な「食事」を通して信頼関係が高まるからでないかと考えています。

やはり、結婚を前提に彼氏を父親に紹介する場合は、食事の席が最もよいのです。

お互いに対等の関係を作るなら外食

次に、なぜ外食が良いのでしょうか?

外食が良い理由も、父親に彼を信頼してもらい、良い印象を与えるために有利になると考えるからです。それは、「対等な関係」です。

サッカーの勝敗で、ホームかアウェーのどちらの開催地で行われたかは非常に重要です。特にアウェーで開催される場合、心理的に不利だと言われています。

結婚前提の彼にとって父親に相対することは、まさにアウェーの場所に行くことと一緒です。いくら、性格が柔和な父親と事前に知っていても緊張しない人はいないでしょう。もし、父親の印象を悪くすれば結婚が遠のいてしまうからです。

交際相手を父親に紹介するシチュエーションは食事の場にする方がよいことはご説明しましたが、その食事を外食にすることで、彼と同じ緊張を父親にも共有してもらうことができます。つまり、「緊張する」という意味で、父親と彼の両方が対等にすることができます。

これも、政治の世界では一般的です。大事な会議を催す場合、当事者とは違う地域で国際会議を開きます。例えば、日本と中国で交渉をする場合、例えば、マレーシアで行ったり、インドネシアで行ったり、お互いの利害がない国で行いますよね。

父親にとって、しばしば婚約者やこれから結婚するつもりの相手は、「どこの馬の骨か分からない」印象を抱くことになります。だから、初めから父親が安心できる「ホーム」に招き入れてしまうと、父親は無意識にお互いの距離を縮める努力を怠ってしまうのです。

双方がアウェーである外食ならば、まずは、お互いに距離を縮める努力を必要とします。その結果、彼氏のことをよく理解し、「この人ならば安心できる」という結論を導きだすことができるようになる訳です。

たかが食事、されど食事です。もし、あなたの父親が気難しい方なら、将来、結婚を目指す彼は食事の場、特に外食で紹介することをおススメします。