許さぬ!姉さん女房が夫に浮気される悪習慣はコレ



許せない!旦那が浮気するなんて・・・。自分の身に降りかかって初めて動揺する夫の浮気。

愛していたし、尽くしていたのに、なぜ、旦那が浮気をしたのか・・・。普段、つつがなく生活していても気が付かないものです。

特に姉さん女房ともなると、年下の夫をリードしなければいけない重圧もひとしお。

にも関わらず旦那はどこ吹く風で浮気→去ってゆく訳で、やるせないですね。そこで、本日は、夫に浮気されてしまう姉さん女房の失敗パターンについて考えてみたいと思います。

拘束しすぎで浮気されるパターン

拘束しすぎて旦那に逃げられるパターンは、もはや鉄板の浮気話しですが、具体的にどのように夫を拘束してはいけないのでしょうか?

それは、夫へ日々の行動を報告させるなど、行動を縛るだけでなく、「何時に帰ってくる?」「土日はどこへ出かける?」など、時間的な拘束をすることも夫が息苦しいと感じさせる行動です

自分は旦那より年上の姉さん女房である!と意識すればするほど、家庭の充実を意識するもの。2人の温かい時間や、ホームドラマのような家庭を目指す姉さん女房は少なくありません。

それは、「姉さん」である以上、年齢的な問題に悩んできた過去があるからでしょう。周りが先に結婚し、焦ったり、悔しく思ったり、やるせない、悶々とした時間を過ごしたに違いありません。その反動で家庭重視の結婚生活を送りたくなるのですが、残念ながら旦那はその意識がありません。

例え、妻が「今日の晩御飯は夫の帰りの時間に合わせて作ろう・・・」と意気込んでいても、旦那は気が付かないのです。そして、感じる悪しき心は「俺の妻、重い」です。

そんな時は、帰りの時間を聞くのではなく、「帰りが遅くなりそうならメール入れておいてね。」と、旦那に時間の使い方の裁量権を渡してしまうことで、だいぶ印象が違うはずです。

リーダーシップは取るな

ここで、少しネガティブな情報をお知らせします。VenusTap『姉さん女房は捨てられやすい!? セレブに学ぶ「歳の差婚」が失敗するワケ』によると、「1歳差だと同い年カップルより3%上昇し、5歳差で18%、10歳差で39%、20歳差では95%と急カーブを見せ、30歳差になると、なんと同い年カップルより172%アップの離婚率(出典:VenusTap)」なのだそうです。

興味深いことは、その理由。主な理由はジェネレーションギャップなのだそうですが、主に姉さん女房である妻がリードしすぎることに離婚の原因があるようです。

初めの内は、頼りになるな・・・な妻でも、徐々にそれが億劫になってきます。つまり、「甘え」から「自立したい」に意識が変化してくるそうなんです。

まるで、子供の話をしているようですが、確かに程度の差こそあれ、年下の夫ともなれば、無意識に親と子供の関係になるものです。ですから、妻がリードしすぎると、年下の旦那は、過干渉の親をもった子供のように、いつしかあなたを煙たい存在になり、別の女へ浮気と流れてゆくのです。

むしろ、年下の旦那に甘えてしまうくらいの発想で良いかもしれません。

子作りは焦るな

これも、姉さん女房の悩みの一つでしょう。出産ができる年齢が限られている女性の場合、焦るのが自然の流れです。

しかし、浮気防止のためにも焦りは禁物です。

中には、男は子作りはいつでもOKに違いないというステレオタイプな人が存在するようですが、そんな訳はありません。男性も早く寝たいときもあれば、気分が乗らないときもあるのです。あなたの方からグイグイ責めてしまうと、男性も気疲れしてしまいます。

気を遣う相手と夜の営みをしようとは思わないですよね。そのはけ口に別の女・・。

出来るときはできるし、出来ないときはできない。自然の摂理に任せて、子供が出来たらいいな・・・。くらいに構えておいた方が、実は近道だったりするものです。

ちなみに、筆者の知人は43歳で初産を経験した女性がいますよ。幸せは焦っても手に入りません。むしろ、焦れば本質は逃げてゆくものです。ゆったり構えて過ごすようにしたいものです。


この記事の著者

恋ピット編集部

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る