パスタ、ごはん系冷凍食品が美味しくなるひと手間テクニック

[記事:恋ピット編集部]

忙しいときに便利な冷凍食品。レンジでチン!してすぐに食べられて、忙しいときにかなり重宝しますよね。でも、飽きが早いのも困ったもの。そんな時に時間をかけずにちょっと手間を加えるだけで、とてもおいしく食べることができるんです。そのちょっとひと手間をご紹介します。

【冷凍チャーハン】ボリュームアップで彼氏も喜ぶチャーハンに!


冷凍チャーハン冷凍チャーハンに、卵焼きをのせるだけで、炭水化物だけになりがちなチャーハンも蛋白質も一緒に摂取できます。最後に、とろみのあんをかけて中華風にしてみましょう!

作り方は簡単、冷凍チャーハンを電子レンジで温めます。その間に卵3個とカニカマをほぐしたもの、塩一つまみ、中華だし小さじ1、こしょう少々、を熱したゴマ油で卵焼きにします。この時、丸く焼くとチャーハンに乗せやすいです。次に、とろみあん作りです。別の鍋に水100cc、砂糖大さじ1、醤油大さじ1、中華だし小さじ2を煮立たせ、火を止めて片栗粉小さじ1~2を同量の水で溶いたものを混ぜもう一度煮立たせます。温まったチャーハンを器に平たく盛って卵焼きをのせます。とろみあんは別容器に入れておき、最初はあんなしのチャーハンを楽しんで、後からあんをかけると味の変化があって満足の一品になります!(あんは甘めの味なので、しょっぱい味が好みの方は塩を少々、ほんの一つまみ足して下さい)

【冷凍パスタ】冷凍パスタをおしゃれに食べたい!


冷凍パスタ冷凍のパスタって、なんとなく味気ないですよね。急な来客に出すのは申し訳ない感じがします。そこで、ちょっと手を加えるだけで冷凍パスタが劇的に変身します。

まず、冷凍パスタ(ミート味がベスト)を電子デンジで温めます。次に、輪切りにした塩少々を振ったナスとトマトを3~5分ほど電子デンジで加熱し、それを冷凍パスタの上に盛り付け、スライスのとろけるチーズ2枚をのせオーブンレンジで8~10分焼き上げます。
クリーム系のパスタしかない時は、具を玉ねぎとツナを炒めたものに変更してもおいしいですよ!
ただの冷凍パスタを具が沢山のチーズパスタにして、驚かせてみましょう!トマト味やクリーム味のパスタ以外の味でも、具を工夫してチーズを乗せて焼くだけで、立派なチーズパスタに変化するのでぜひお試しを!

【冷凍うどん・冷凍そば】和風の食事も簡単に


soba冷凍のうどんやソバって美味しいけれど、消化が早くて物足りないって感じませんか?そんな時は、少し具をプラスするだけでボリュームが出て満足感がアップします。

冷凍うどん(ソバ)を温めている間に、残り物の野菜(ネギや白菜、玉ねぎ、にんじんなど)の千切りとお肉(なければウインナー、ハムでも可)を炒め、和風だしで味を付けます。水を100㏄~200cほど加え醤油で味を調えます。片栗粉でとろみをつけてかけるだけで、あんかけうどん(ソバ)になります。炒める時に七味や一味の唐辛子を入れるとピリッと辛くておいしいです。具の量は、全部で、一人前お椀山盛り一杯がちょうどいいですよ!
*あんの水は具の量によって増減して下さい。100㏄で小さじ1~2くらいを目安にしてください。

【番外編・冷凍パスタ】冷凍パスタ具なし味なしの麺はどうする?


最近、アルデンテに茹でて急速冷凍しました!という冷凍パスタがありますが、具も味もないのは面倒。少しくらい食感が落ちても楽なほうがいいや。と思っている方も多いはず。でも、モチモチの美味しいパスタを味わってみたいと思いませんか?

市販の冷凍パスタは、説明書の通りに温めます。温めている間にキノコを食べやすい大きさに切ります。椎茸でも榎でもしめじでもかまいません。欲張って複数のキノコを入れてもOKです。キノコの目安はお椀に山盛りいっぱいになる程度。キャベツの葉を1~2枚ざく切りにして、キノコとキャベツを耐熱容器に入れてラップをして電子レンジで3~5分しんなりするくらい温めます。フライパンにオリーブオイルを引き、にんにく一かけらと鷹の爪1~2本の輪切りをスライスしたものをこがさないように炒めたら、麺と具を入れます。味付けは、塩こしょうだけだとペペロンチーノになりますが、だしの素と醤油で味付けすると和風パスタになります。和風にする時は、鰹節1P(3gほど)を入れると、ぐっと美味しさアップしますよ!

こちらのパスタも具を工夫するだけで、パスタのバリエーションが増えます。キノコや野菜だけじゃなくて、ひき肉やソーセージを入れても美味しくなりますよ。
*鷹の爪の種を取り除いておくと、辛さがマイルドになります。また、辛いのがダメという方は、にんにくと炒める時に輪切りにせずそのまま炒め、パスタを入れる前に取ってしまうと風味だけ残ります。