出来てますか?子供のやる気は親子の信頼関係の構築が秘訣

子供のやる気
[記事:恋ピット編集部] 夏休みの宿題や、自分のやりたいことが出てくる子どももいます。大きな目標には、計画を立てて実行することもありますよね。そんな時に子どもに目標を守らせるには、どうしたらよいか悩みます。すぐに遊びにいってしまったり、飽きやすい子どももたくさんいますから。そんな時、子供にしっかり最後まで計画を守らせるためにどうしたらいいのでしょうか?

やりたいことがコロコロ変わるなら「やる気」を向上させる


やりたいことが途中で変わる場合は、何故それをやりたいと決めたのか、何故の部分を明確にしましょう。

しかし、大人だってなかなかダイエットが続かないこともありますよね。目標を三日坊主にならないで、目標を守らせるには、小さなことややれることからはじめて、出来たらほめてあげることが大切です。また、慣れるまで、母親が一緒になってやったり、励ましていくことが大切です。親だからといって、上から目線でものを言わないようにしましょう。また、話をしっかりと聞いてあげることが大切です。時間がないからとか、よくわからないからと面倒にならずに話をしっかり聞いてあげることが、やる気につながります。

子供のやる気は親との信頼関係が築く


子どもに対しても、誠実であることを子どもは見ています。親が、ウソをつかない、何事もがんばってやるという姿でいると、親に憧れるようになります。しかし、なんだか、やっていることが違う。口だけは立派、だらしない、兄弟と、差をつける。心ないことを言うなど、はいけません。子どものためを思って言う時は、優しく話をしてあげましょう。
また、親が子どもに意地悪になってはいけません。子どものプライドを意識して、赤ちゃん扱いや、きつすぎる言葉はやめましょう。自分は意地悪ではないか、優しく話をしているかよく気をつけましょう。親からの冷たい態度や意地悪では、気持ちがすさみ、ほかの子にはけ口として、意地悪する時もあります。子どもはいつも認められたくて、がんばっています。いつも認めませんなど冷たい態度ではない親でいることが大切です。

良かれと思っての注意の時も優しく話をしてあげましょう。

また、たまには息抜きと体によいので、ご褒美をプレゼントをしたり、一緒に目標をクリアしている感じを与えて、孤独にならないようにこころがけます。だらしないことをしてしまえば、いつまでもだらしなくなるからです。小さな目標、中間の目標、最終目標と飽きないように配慮してあげましょう。褒めと認めを繰り返し、あなたなら出来ると伝えます。親だからこそ信じてあげるのです。

子供に手抜きは絶対にダメ!


親だからこそ、子どもの話をしっかり聞いてあげることも大切です。いつも、たくさん話をしてもらうためには、必ず親は子どもの味方でいることを伝えることが最も効果的だからです。

また、話を最後まで聞いてあげたり、抱きしめて、親の思いを伝えたり。また、なるべく手作りの母の味を作り、食べ物から、愛情を伝えていきましょう。だらしなく、レトルトで終了!は絶対に避けたいですね。加えて甘いジュースを飲ませすぎて、夕飯が、お腹にはいらないのは、可哀想です。アレルギーやアトピーにも、食べ物は影響しますしね。

何かを伝える際には優しく話をして話を聞いてあげることも大切です。だらしなさは見えます。また、どなったり、悪口はいけません。親が子どもにいつも、ありがとうなど、愛のある言葉をたくさんかけて、実際の大人の世界と同じように子供を育てることも重要です。

大人同士の付き合いと同じように子供と親の信頼関係が構築できてこそ、子供は安心して目標や「やりたいこと」にじっくり取り組むようになることを忘れないでください。