「仕事がデキる女」を演出するスーツ選び

できる女

最近では私服OKの職場環境も充実しています。私服OKだと気軽に洋服を選ぶ事ができる反面、どんな洋服を選べば職場や仕事環境に最適なのか?

なんて悩みを感じている女性の方も多いのではないでしょうか。
実際、私服環境で働く女性の大半が選ぶ洋服としてピックアップされているのが、スーツです。特に、近年ではこうした高まるニーズを受ける形で、様々なスタイルやデザイン、カラーのレディーススーツが登場しています。

ただし、あまりにも種類が豊富になってしまった故、仕事や環境、実際にそれを召される女性の雰囲気に合う合わないという、新たな別の問題が発生し、女性を悩ませる原因にまでなるほど。

では、実際にレディーススーツを衣装として選ぶ場合、どんなスーツを選べば、いわゆる「仕事のできる女」を演出することができるのでしょう。

 あえてダークカラーは選ばない!


まず、最も重要なのが、カラーです。
例えば、男性用スーツと同じように、これまでレディーススーツに用いられてきたカラーの大半が、黒や灰色といったダークな印象の物でした。

ところが、特に黒などのカラーを選んでしまうと、いわゆるデキる女を演出する上では非常に不利な要件となってしまいます。

その理由の一つが、リクルートスーツの存在です。就職活動時に利用するリクルートスーツの大半が、無地の黒や紺色といった地味目のカラーを採用しています。結果、黒や紺色のレディーススーツ=リクルートスーツというイメージで見る男性は以前として多く、結果、「仕事がデキる女」どころか、新卒の女性に勘違いされてしまうこともしばしば。

ですから、レディース用スーツを衣装として選ぶ場合、できるだけ無地の黒や紺色は極力選ばないように心がけておく必要があります。

例えば、灰色やアイボリーなど比較的明るめのカラーの物を選ぶと良いでしょう。或いは、黒や紺を選ぶ際には、無地ではなくストライプ柄やヘリンボン柄など、高級感の溢れる生地のものを選ぶ事をおすすめします。

 襟(えり)の選び方だけで差が付く


また、一時期流行した立て襟タイプのスーツも、近年ではビジネス用スーツとしては不人気となっています。これは、立て襟スーツを使用する職業として、新たに水商売など夜のお仕事が台頭しているから。

OLとして企業内で働く女性の場合、立て衿タイプのスーツではなく、ピーク衿(えり)やセミノッチ衿などビジネス用の衿を採用したスーツを選ぶと、上品且つ仕事のできる女を演出することができます。

更に、スーツのインナーとして使用するシャツに関しても、ホワイトはもちろんのこと、ブルーやパープルなど比較的落ち着いたカラーをチョイスするだけで、同僚や上司からの見る目を高めることが出来ます。

体系に合わせてボタンの数を選ぶのが鉄則


最後に、実際にスーツを召される女性のスタイル別の選び方となりますが、例えば、比較的豊満なスタイルを持つ方の場合、極力1つボタンのスーツを選ぶように心がけましょう。

2つボタンタイプのスーツを選ぶと、ただでさえ窮屈な印象を与えるほか、身体のラインが強調されてしまい、相手の心象を悪くする危険性があります。

反面、スレンダーなスタイルを持つ女性の方は、2つボタンタイプのスーツを選ぶことでスタイルにメリハリをつけることができます。

このように、レディーススーツ一つを取ってみても、カラーやデザイン、或いはボタンの数や衿の形に少し気を配るだけで、「仕事のデキる女」を演出することができますし、反対に、仕事がどんなにできる方でも、せっかくの良さを台無しにしてしまう危険性があるので、一種の勝負服という思いを持って、最適な衣装を選んでみてはいかがでしょう。