タイ料理のガパオを家庭で。美味しいガパオの作り方

※bierceさんより@koipitのために寄稿していただいたオリジナル記事です。

先日、夕食はタイ飯だよ!と、帰宅直後の夫に話したら すっげー!今日の夕食は鯛飯しかっ!と、いつになく大喜び。
イヤ、イヤ、魚の鯛でなくてタイランドのタイ飯ね(笑)。

私、スッパ甘辛いタイ料理が大好物なのです。
なので、ここは1つ自宅でもタイ飯を作って食べてみようと 辛さ控えめの(私には物足りないけれど、家族は激辛がダメなので)
ガパオ飯作りに初挑戦してみました。

家で作ることの利点は、辛味を調節できるところでしょうか・・・。
今回はガパオが手に入らなかったので、乾燥バジルで代用。
ニンニクもお弁当に使うので、ニンニクパウダーを控えめに使用しました。

目玉焼きは時間の都合で省略・・・。でしたが、十分美味しかったです。
今回は、以前雅楽師の東儀秀樹さんが、嵐の松潤に番組内でレクチャーしたレシピを参考に作ってみました。

■ガイパットガパオ(挽肉のバジル炒めご飯)

材料 2人分

挽肉(鶏か豚)120g
ピーマン 2個
玉ねぎ  1/2個
ニンニク 2かけ
赤唐辛子  2本(輪切りを使うと楽、好みで加減)
ナンプラー 大さじ1
醤油    大さじ1
オイスターソース 大さじ1
砂糖 小さじ1(甘めがよければ大さじ1)
バジル(乾燥バジルでも可) 適量

トッピング・・・目玉焼き1個、きゅうりの薄切り適量

作り方
ピーマン、玉ねぎを細切りにする。ニンニクはみじん切り。
フライパンに油を適量入れ、ニンニクと赤唐辛子を香りが出るまで
軽く炒める。
次にピーマン、玉ねぎをフライパンに加え、油が回るように炒め合わせ
少ししんなりしたら、挽肉と調味料を加えてよく炒める。
挽肉に火がとおったら、バジルを加えてざっと混ぜ合わせたら完成。

皿にご飯を盛り、できあがった具材、目玉焼き、キュウリを盛り合わせ
たらできあがり。

今回は私、ピーマンではなくパプリカ(赤・黄色)を使用しました。
彩りがより華やかになって食欲をそそります。
挽肉も娘のお弁当用を入れて400gで作ってみました。
唐辛子は控えめに、砂糖は味をみながら小さじ4、玉ねぎを1個半と
多めに入れて、全体的に甘め味で作ってみました。

娘のお弁当には、ウズラの卵を目玉焼きにして、黄身は完全に火を通し
て入れました。 鶏挽肉なので時間が経っても油が肉に浮かないのが
そぼろ飯と違うところでしょうか。お弁当向きですね。

大好評で家族にアンコールされたので(家族がタイ飯しを受け入れてくれた!)
またガパオ飯を作る機会ができて嬉しいです。