入籍前の喧嘩で仲直りする方法!結婚前の喧嘩で別れない方法

喧嘩している二人

結婚前のマリッジブルーで喧嘩が絶えない!そんなカップルは少なくないと思います。

特に結婚式の準備ともなると決めなければならないことも増えるし、意見のすれ違いや彼氏が非協力的だったりと、喧嘩になる火種は、そこら中に転がっていますよね。

一方で、結婚式はまだ先でも、入籍が近づいてきただけで喧嘩が増えて、婚約破棄にまで発展するケースもあるようです。婚約破棄は極端な例だとしても、喧嘩したままで入籍するのも辛いものです。

そこで、結婚直前に喧嘩が絶えない、増えてしまう原因と対処法をご紹介したいと思います。

なぜ入籍直前に喧嘩が増えるのか?

実は、入籍(結婚)前に、喧嘩をするカップルの割合は非常に多く、ある調査によると、実に53%もの人たちが結婚直前の喧嘩を経験しています。

半分ものカップルが入籍直前に喧嘩をするなんて、思ったよりも多いですね。

なぜ、入籍が近づいてくると喧嘩が絶えなくなってしまうカップルが多いのでしょうか?

その理由の一つに、マリッジブルーは女性だけのものではないからなんです。実は、男性にもマリッジブルーは存在します。

女性の場合は、「この男性と結婚して良いのか?ベストな選択なのか?」「結婚後の夫の収入は大丈夫か?」など、結婚相手の彼氏に対する不安が多いのに対して、男性は、「家庭を持つために仕事で給料を上げなければ」「結婚式の準備や相手の親への挨拶」など、家庭を持つための人間関係づくりや、収入面の重圧が原因となります。

極端な話し、シングルだった頃は、会社が辛ければ転職すればすみましたし、喧嘩が多くなれば、簡単に彼女と別れてしまうなんてこともできたわけです。

一方で、家庭を持つことは、途中で投げ出すことのできない非常に重い決断です。
独り身の時は簡単に投げ出せたことも、結婚した後は逃げられません。

これが、男性のマリッジブルーです。

女性は女性で、マリッジブルー。夫となる男性も重圧でマリッジブルー。お互いにイライラした状態なんです。これが、喧嘩の元なんですね。

入籍前は特にプライドを捨てること

恐らく、喧嘩の原因は他愛もないことです。

ちょっとした言葉尻が気に入らない・・・。相手が話を聞いていない・・・。結婚を決断する前であれば、およそ喧嘩にならなかったことが、大きな喧嘩に発展してしまうことでしょう。

もし、喧嘩になった場合に、絶対にしてはいけないことがあります。

それは、彼氏の方が間違っているんだから、彼氏の方から謝ってくるのを待とう・・・という考え方です。

普通の恋人だった時には、男が謝るまで待つというのも、男を怠けさせないための一つの方法だったのですが、結婚直前で、喧嘩が長引いてしまうのは非常に危険です。

喧嘩が長引いてしまうと、時間が経てば立つほど、男性側の気持ちが重くなってきてしまうんですね。

もともと、結婚の重圧でマリッジブルーになっているのに、さらに悩みの種ができたら耐えられなくなってしまうでしょう。ストレス耐性がない男性であればあるほど、婚約破棄なんて間違った方向に向かってしまうものです。

できれば、あなたから、プライドを捨てて、「ごめんね」の一言を切り出しましょう。
対面でいわなくても、LINE、メールなんでもかまいません。

この一言が、男性の気持ちを溶かし、仲直りするためのきっかけになるでしょう。

遠距離恋愛は特に素早い仲直りを

もし、遠距離恋愛からの結婚をする二人であれば、入籍直前は喧嘩が増えてくるかもしれません。

長い間、電話やビデオ通話だけで付き合い続けた二人です。

お互いの感情が見えない分、普段から努めて明るく振る舞うクセがついています。

しかし、結婚直前のマリッジブルー状態にある場合は、無理に明るく振る舞うことは難しくなってきます。

すると、相手の乗り切らない雰囲気に、こちらも不安になって、さらにマリッジブルーが深くなってゆく・・・。

こんな図式です。

従って、不安というネガティブな感情は、早めに摘み取っておいた方がよいでしょう。

喧嘩してから仲直りまでの期間は、短ければ短いほど吉。最大でも2日以内の仲直りを心がけたいものです。それ以上になると、電話だけでは元の関係に戻ることが難しくなってきます。

できるだけ、その日の夜。夜に喧嘩が勃発したのなら、翌朝には、「ごめん」の一言を送りたいものです。

入籍前の喧嘩は、お互いにブルーになっていることもあり、仲直りしにくい局面ですが、肩肘を張らずに、仲直りできるよう努力しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。