好きならやめよう!彼氏がショックを受ける彼女の行動4選

彼氏がガッカリする女子

思い出してみてください。恋愛になれていない初々しい頃、はじめてお付き合いした男性に対して、カルチャーショックを受けたことはありませんか?

行動パターンや考え方がここまで違うのか・・・と。

全く違う生き方をしてきた二人が一緒にお付き合いして歩んでゆくことって、案外大変。恋愛が難しい所以です。

当然、男性の立場から女性を見たときにも同じようにショックを受けることがあります。そこで本日は、恋愛で彼氏が自分の彼女に対して感じたショックを集めてみました。

話していたら突然キレる

女性の体は非常に繊細です。そもそも毎月血が出るなんて男性には経験できない自然の摂理。その都度、体調が悪くなる女性も多いでしょう。

それに、女性特有の不調も多いものです。

風邪や病気になった時以外、体調が優れない状態を経験できない男性にとって、女性の体調不良は理解しがたいものがあります。

だから、体調が悪くて不機嫌になり、気分的にもイライラしている女性の気持ちを男性が理解するのは不可能です。

会話をしていたら、彼女の顔色が悪くなりだして・・・キレた!

彼女からしてみると、彼氏の話し方や話題が気に入らず、加えて体調も悪いので、いつも以上に腹がたったなんてことも彼氏は理解できずにショックを受けてしまいます。

できれば、キレた理由と、自分は体調不良であることは彼氏にハッキリと伝えましょう。でなければ、恋愛も不調になってしまうかもしれません。

最初から言えよ・・

彼氏とデート。本当は行きたいところがあったのだけど、彼氏がウキウキでどこかに連れて行ってくれようとしている・・・。こんな時、本当はここに行きたい!とは中々言えないものですね。

でも、目的地に着いたら、全然、興味がない場所だった!

こんな時のガッカリ感はハンパありませんよね。そんな時につい口から出てしまったこの言葉。

「本当は、●●に行きたかったんだけど・・・」

これを聞いたときの彼氏のショックもハンパではありません。

「だったら、最初からそういえよ。」

そうして、恋に隙間風が吹きすさぶ。

悲しい結末は迎えたくないものですね。やっぱり、長続きするカップルは、気持ちをハッキリ言い合うものです。我慢して彼氏に合わせた挙げ句、後で不満を漏らしてしまうとギクシャクしてしまいます。

見下した態度と言い方

彼氏に対して、こんな言い方をする人がいます。

「なんか性格、子供っぽいね~」

もちろん、こんな言い方は一例ですが、彼氏の幼稚な部分や未熟な部分を見つけてしまい、イジってしまった・・・。こちらは、ちょっとイジメてみただけなんだけど、彼氏のショックはかなりのものです。

男性って、やっぱりプライドの高い生き物。自分の性格的に弱い部分や気にしている部分を彼女から指摘されると、とても心が傷つきます。

それに男性はどこまでいっても子供です。50歳、60歳になっても、どこか子供心を残しているから不思議ですね。でも、それを指摘してはダメ。男性は、見下されたと感じてしまいショックを受けると共に、あなたに対して劣等感を感じてしまいます。

問題のない人間なんて存在しません。あなただって言われたくない言い方を彼氏にしないようにしましょう。

部屋に料理道具がない

自炊をしない人。要注意です。特に彼氏を部屋に呼んだ時に料理道具がないのは、それなりに彼氏もショックを受けます。

もちろん、女性なら料理ができなければ恋愛してはいけない訳でもありません。

でも、男性は密かに期待しています。自分の彼女の手料理を食べてみたいものだと。それに、生活感がなさすぎると、現実味の無い生き方をしているようで彼女不適格の烙印を押されかねません。

いつも外食ばかりで金遣いが荒く、例え結婚しても幸せになれなそうな女!と受け止められてしまうでしょう。

実は、多くの男性は、彼女に対して「料理が上手」であることを期待していますが、下手だからといって必ずしもショックを受けたりはしません。徐々に上達してゆけばよいのです。

しかし、はじめから鍋や包丁がない。または、極端に少ないと、料理をする気もない女としてガッカリされてしまいますから、部屋に多少の生活感を出す意味でも調理用具ぐらいは揃えておきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

電車の中や仕事の休憩時間の暇な時間にちょっといい情報が読めるコラムサイトを目指して、恋愛を中心にオリジナルのオピニオンを日々公開しています。女子のみなさんから大人の女性まで幅広い方からの支持を集めています。