いまどきの女性の結婚観!実は結婚相手に収入は期待してない

結婚の今

あなたの年齢はおいくつでしょうか?この記事に目が留まったということは、恋愛よりも結婚!そろそろ結婚をしたいな・・・と意識しているからではないでしょうか?

でも、結婚をするにあたって、どのような心構をすべきか悩みどころ。

そこで本日は、いまどきの女性がどのような結婚感を抱いているのかにフィーチャーしてみたいと思います。意外とドライな現実をみているようなんですね

昔の結婚相手への基準に戻ってる?

バブルの頃までは理想の結婚相手といえば3高といい、背が高い、高収入、高学歴が理想の結婚相手と言われていました。

それがバブル崩壊と共にスペックで男性を求めるのはよくないのではないか?という風潮が生まれて、どちらかというと相性で相手を選ぶケースが増えてきているように思います。

しかし、ここにきて改めて高収入の男性が理想の結婚相手と考える女性が増えてきているようです。

例えば、平均年収.jp「結婚相手に求める年収と現実の年収格差を解説!」によると、必要最低限の年収は300万円台だと考える女性が多いものの、理想といえば500万円台が堂々の1位。

やっぱり、お金は必要ということなのでしょうか?

最近の結婚適齢期は、30代と高齢になりつつあります。そのため、夫婦の子育てから引退までの時間が20代で結婚した場合と比べ短くなってしまい、老後に備え貯蓄するだけの期間も多くないため、収入が真っ先に不安になるのでしょう。

だったら、はじめから収入のある男性と結婚した方が安全!そのような考え方が増えているのではないでしょうか?

共働きの方がよい女性は増えている

男性に収入を求める一方、共働きを選択する夫婦が増えています。むしろ、女性側の方が共働きしたいと考えるケースが多く、共働きに協力的な男性(家事分担ができるなど)でなければ結婚はしないと決めている人さえいます。

理由はいくつかありますが、一つにリスクヘッジの意識が増えているからだと言われています。

例えば、現在は年功序列は崩れ去り、夫の収入が予定通り上がってゆくとは限りません。むしろ、転職の失敗や、病気になって同じ会社で働けなくなるなど、夫に収入の大半を依存してしまうことでリスクを呼び込んでしまうことさえ考えられるのです。

そこで女性が意識するのは、いかに自分の市場価値を維持できるかどうかです。

例えば、一度、主婦になってしまうとキャリアは分断されてしまい、再び社会に出て活躍することが困難になってしまいます。そんな時に夫の収入に依存していると共倒れの危険性さえ生じる訳です。

だからこそ、若いうちから男性と同等にキャリアを積み重ねて来るべき時に備える方が増えているのではないでしょうか。

結婚式はミニマムにするケース

以前は親類や遠縁。幼馴染まで大多数の関係者を招いて大々的に結婚式を開くケースが多数でした。

結婚式場も●●閣のような、大型の結婚式場が主流で、どこもかしこもテンプレート化した結婚式を行うのが常でした。

しかし、今はスマ婚なる言葉が登場するようにミニマム、内々で結婚式を行う人が増えてきています。要するに派手な結婚は望んでいないのです。

その理由としては、これもリスクの話に関係してきますが、以前よりも離婚が身近になったことがあるでしょう。

昔は結婚は家と家で行う発想が強く、ちょっとしたことで離婚しては親に顔向けができないなんて意識が強かったものです。

しかし、今は夫婦の性格の一致が大切で、親や世間体は二の次です。これは都市部になればなるほど顕著です。

そのため、大々的に結婚式を行うことは、後々、夫婦の関係に変化が生じた際に、余計な気苦労を持ち込んでしまうリスクと考えます。だって、参加者が多ければ、考えたくもない世間体を意識せざるをえないからです。

ですから、男性からのサプライズプロポーズなんかも人気が下降気味。むしろ、男性はサプライズなプロポーズをYoutubeかなにかで見て「俺も!」と思うのか、やりたい!と思う人が増えているようですが、女性側は、そんな目立つプロポーズされたくないとドライに感じる人が増えているそうなのです。

まとめると

結局のところ、あらゆるリスクにさらされている現代。以前のように「今」だけを見つめて生きるのではなく、将来のあらゆる可能性を考慮した上でしっかり着実に結婚を捉える人が増えてきたということでしょう。

ある意味、堅実な女性が増えてきているのではないでしょうか?