合コンで男性に「魅力がない」と思われる女性の4つの特徴

合コンでモテない

友達に誘われてイザ!合コンに参加。ファッションは自信があるとは言えないけど、いい加減な服を着ていったつもりもない。

他の女友だちも別にパッとする訳ではないのにどんどん周りの男性と仲良くなってゆく。焦るばかり・・・。

こんな経験はないでしょうか?

自分のどこに問題があるのか分からないと不安で仕方がありませんよね?

そこで本日は、合コンで男性と仲良くなれない方に、どこに問題があるのかをご紹介したいと思います。

学歴や収入、勤め先を聞く

合コンは将来、恋愛や果は結婚相手を目指す場所です。単にワイワイ盛り上がるのが楽しい!って場所ではありません。
ですから、本音では男性も女性も相手の値踏みをするわけです。

それ自体は決して悪いことではありません。聞いていけない情報ではないんです。

ただ、聞くタイミングが大切。相手にバレないようにさらりと聞き出すのがマナー。
ダイレクトに「どこの勤務先?」「年収は?」なんて聞くのは、あざといと思われてしまっても文句は言えません。

とはいえ、だいたい相手も自分が値踏みされていることは分かっていますし、当然の質問であることはみんな承知のうえです。

では、どう聞けばよいのでしょうか?

最低限、覚えておいた方が良いことは、「男性のプライドを傷つけない」こと。

男性は、プライドの生き物。学歴や収入、勤め先など、他の男性と差がつくものは特にデリケートな話題なんです。

ですから、「私、●●大学だったから、●●でよく遊んだんだ~」

など、自分の出身大学とその周辺情報を織り交ぜて、先に自分の個人情報をさらけ出します。
そうすることで、男性も必然的に話した方がよい雰囲気になってくれるので、聞きやすくなるのです。

化粧のしすぎ

メイクは本気になりますよね。それは、そうです。いい加減なメイクは男性もドン引きしてしまいますし、周りの女友達にも失礼です。

でもメイクのし過ぎは絶対にNG。もちろん、軽いエクステとか、天然系のメイクはOKです。

男性って、少女のようなまだ世の中にすれていない自然体な女子が大好きなんです。

つまり、添加物の多いものよりも、自然なものを好むということ。「あの女、化粧が濃すぎ」なんてボーイズトークが聞かれるほど、
メイクの多さはよく見ていますよ。

携帯電話で話し込む

合コン中、友達からスマホに電話がかかってきて、席を外して話に没頭。

もちろん電話までしなくても、スマホの操作にあけくれている・・・こんなのも最悪のパターン。

男性から見ると、この合コン、失敗だったなと思われていると映ります。

当然、自分たちが女性陣を盛り上げられなかったことに対する負い目も感じてしまいますし、なんだかんだで、悪い思い出しか残りません。

他の女の子に迷惑がかかるだけでなく、もちろん自分もノリが悪い最悪な女と思われてしまいます。

男子は、昔、狩人を仕事にしてきた生き物です。だから、獲物を一つに絞って本気モードで臨んでいます。

そんなときに、友達優先の女子は、同じ土俵に乗っかる気がないんだなと感じてしまうんです。

下ネタを披露しまくり

下ネタって結構、受けがいいことってありますよね。もちろん、男性は大好きです。

それに下ネタOKな女性って、場の空気を盛り上げる存在として重宝されることもあります。

でも、友達や盛り上げ役としての存在感は強いものの恋愛の対象としては見られません。

だって、下ネタ連発の女性って、ある種の達観した女性。もっと酷い言い方をすればオバサンでしかありませんよね。

恥じらいのある女性の方が男性にとっては魅力に映るのです。

そんな存在になってしまったら、損ですよね。もっと仲が深まってからにしましょう。

いかがでしたか?これで、合コンも怖くない!?