社内恋愛をカミングアウト!周囲に公表すべき3つのタイミング

職場恋愛をカミングアウト

職場の同僚同士で恋愛をしている方って少なくないと思います。ANNIVERSAIRE『意外!?合コン・婚活イベントよりも出会いが多いものはアレだった!』によると、なんと、24%以上もの男女が職場で出会っている結果が出ているのです。

これは、もぅ社内恋愛バンザイ!状態。1つの職場に複数のカップルがいても不思議ではありません。

でも、中々、「社内恋愛をしています!」と堂々とカミングアウトしている人っていないと思いますよね。ほとんどのカップルが、恋愛関係に落ちていることを秘密にしていると思います。そして、必然的にある悩みが生じます。

そうなんです。いつ、同僚や上司に公表すべきかという問題。だって、恋愛が発展すれば、いつかは結婚だって控えています。いつまでもオープンではない関係を維持し続けることって難しいですよね。

そこで、本日は、社内恋愛を公表、報告するベストなタイミングについて考えてみたいと思います。

過去に実績がある職場

もっとも注意しなければいけないのが、あなたの職場が社内恋愛に対して寛容かどうかということ。

堂々と社内恋愛禁止を打ち出す会社だって存在します。

でも、多くの職場が、社内恋愛を容認してくれるかどうかって、当事者達には分からないものです。万が一、容認していない会社で社内恋愛が発覚すれば、下手すれば、あなただけでなく、彼の出世に影響することも。なんとなく、どちらかが退職しなければいけない雰囲気になってしまうこともありえます。

そんな職場に勤めている方が社内恋愛をオープンにしてよいかどうかを判断するには、過去の実績があるかどうかを判断基準にしましょう。

過去に社内恋愛があった職場の場合は、その後、彼らがどうなったかが一目瞭然に分かります。

社内恋愛が職場の中で知れ渡った結果、気まずい雰囲気になったのか、祝福される空気になったのか・・・。

あなたと彼の関係が周知の事実となった場合、同じ経緯を辿ることは、容易に想像できるでしょう。

そして、ある程度、容認してもらえる雰囲気だと判断できる場合は、親しい同僚などから徐々にオープンにしてゆけばよいのです。

ただし、相手が上司の場合は、思わぬ反応が返ってくる可能性がありますから、上司へ報告するのは、あくまで信頼できる同僚に相談してから。第三者の目線でアドバイスを受けることによって、安全に公表するようにしましょう。

結婚確実になったらOK

もう一つ、社内恋愛の事実を公表しても大丈夫なベストタイミングがあります。

それは、結婚が確実になったタイミングです。逆に婚約したり、結婚が確実になったのにも関わらず秘密にしていると、「ワケ有りカップル」の烙印を押されてしまう可能性も否めません。彼と、結婚の誓いを立てたなら、信頼の置ける上司から報告をしましょう。

この時に注意したいことは、同僚から公表するのではなく、必ず直属の上司へ最初に報告を行いたいということです。

結婚て本人同士で考えている以上に周りにインパクトを与えるイベントです。ましてや職場の同僚同士となればひとしおです。

そんな重大なイベントを控えているにも関わらず、直属の上司が把握していないことは、上司の顔に泥を塗ってしまうことになりかねません。

先に上司が把握することにより、周りに負の影響を与えずに上手く周知してくれることになります。これこそが、社内全員に祝福してもらう為のマナーといえるでしょう。

もっとも、直属の上司ではなく、上司の上司だったり、他の部署の上司に報告することはNGです。それこそ、自分の上司のメンツ丸つぶれになりますからね。

彼の収入が安定しているとき

とはいえ、準備万端で社内恋愛をカミングアウトしたつもりだったのに、思わぬ反応が返ってくるなんてことは有りえます。人間関係って難しいもので、予想外の事態は常に考慮しておきましょう。

想定できるリスクは、やはり、カップルのうち、どちらか一方が部署異動になったり、退職せざるを得ない事態になることです。

ポイントは、「どちらか一方が」です。

会社も人を雇用する上で、多大な人件費がかかります。これは、採用に必要なコストだけではなく、人を雇い育てる上でのランニングコストです。

せっかく、コストを払って育てた人間をおいそれと追い出すわけにはいきません。

しかし、社内恋愛は困るという場合は、どちらか一方を人事異動させたり、特に日本企業の場合は、女性側に退職を迫るケースが多いです。いまだに男性を戦力と考える企業は多いですし、女性は出産がありますから、育児休暇や育児退職を想定してしまうからでしょう。

そのリスクを予め考えておくことは大切です。

彼にある程度、まとまった収入がある場合で、あなたが今の会社から退職して派遣やパート、アルバイトになったとしても彼の収入で生活してゆけるかどうかを見極めることは重要です。もし、彼一人の収入で生活できるのであれば、それがリスクヘッジになるでしょう。

従って、社内恋愛を公表する前に、彼の信頼性や将来について、しっかり話し合い、確認することも大切なことなのです。

この記事を気に入ったらツイート!
今なら3名様にAmazonギフト千円分が当たる(5/31迄)

※ツイートするだけで抽選対象になります。
※当選者にはTwitterのメッセージでご連絡します。また当選者のTwitterのアカウント名は公式Twitter上で発表します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です