飽き性な自分!すぐに彼氏に飽きてしまう浮気性は直せるのか?

恋ごころの浮気性
そらんさん 大学2年生 20歳

彼氏ができてもすぐに飽きてしまいます。

一番長く続いた彼でも1年、その後は1ヶ月や3ヶ月でお別れする事が多いです。

そのお別れも、いつも私が飽きて自分からフッてしまいます。

それだけならいいのですが、そのお別れのきっかけが他に好きな人ができた時というのが多いです。

口には言いませんが、好きになった他の人と関係を持ってからフることも何度かあります。

直したいとは思っても、飽きるとフる前に他に好きな人を探してしまうようになってきています。

考えを改めるにも、どう改めればいいのかわかりません。何かいい考え方はありますでしょうか?

すぐに付き合っている男性に飽きてしまいフッてしまったり、浮気をしてしまう「そらん」さん。どうしたら飽き性を治すことができるのでしょうか?恋愛を長続きさせるためのコツについてご説明してゆきます。

自分の未来をイメージしてみる

恋愛に限らず、目の前にあることにすぐに飽きてしまう人の特徴として、物事を長いスパンで考えられていない人が多いように思います。

例えば、趣味で登山をイメージすると分かりやすいのですが、登山って、登っている時はとても辛くて、ちっとも楽しくありませんよね。でも、頂上に到着した時の素晴らしい景色を見るためにみんな頑張って山を上るのです。

恋愛もこれと似ています。

付き合っている彼氏と単にその時々の幸せを謳歌するだけなら、それほど長くは付き合えません。だって、数ヶ月すれば彼氏の存在が当たり前になってしまい、マンネリ化するからです。相手の存在を一番感じられるのって、付き合いはじめの2~3ヶ月が限度です。これは誰でも同じです。

でも、多くの人が短期間で別れないのは、その先に結婚だったり、今よりももっと強い人間関係を彼氏と築きたいからこそですよね。今、この瞬間では感じることができない一歩先の幸福を彼氏と築き上げたいのです。

その点、そらんさんは、「今」だけに囚われています。つきあい始めの「好き=幸せ」な感情が恋愛のすべてだと誤解しているのです。

この人と付き合った結果、将来どうなりたいのか?そして、もっと幸せな関係が待っている可能性はないのか?をイメージしてみるようにしましょう。

年齢制限を設けてみる

実は、短期間で彼氏を取っ替え引っ替えしてしまうのは、珍しいことではありません。特に大学生くらいの女性の場合、恋愛というスパイシーな刺激に翻弄されて男性に目移りをしてしまいがちです。

加えて、20代前半までは、やっぱり若いしモテやすいのは確かです。同年代の男性だって恋愛をたくさんしたい輩は多いですからなおさらでしょう。

しかし、20代も中盤頃から結婚しだす人が現れます。そして、周りの同年代もそれに焦りを感じ始める年代です。すると、好きとか嫌いではなく、恋愛相手ではなく結婚相手を探す目線で相手を見るようになります。

すると、途端にモテなくなったと感じるようになるでしょう。

実際、モテなくなったわけではなく、同年代の多くの人が長続きする相手を求めるようになりますから、「彼女募集中」の男性が減ったことが原因です。

この段階になっても、男を取っ替え引っ替えしていると、限られたパイで相手探しをしていることになるので、周りにあなたの相手をしてくれる男性が現れなくなってしまうでしょう。

筆者の体感では、25歳くらいが恋愛の境目。今は、彼氏を取っ替え引っ替えしていても、25歳くらいを目安に浮気性や飽き性をやめるようにした方がよいでしょう。25歳を超えたら、よほどひどい相手でなければ、別れず様子を見てみる。そうスタンスを変えるとよいかもしれません。

この記事を気に入ったらツイート!
今なら3名様にAmazonギフト千円分が当たる(5/31迄)

※ツイートするだけで抽選対象になります。
※当選者にはTwitterのメッセージでご連絡します。また当選者のTwitterのアカウント名は公式Twitter上で発表します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です