ブスで彼氏ができない?ネガティブ思考が恋愛を遠ざける理由

ネガティブ思考
無職 猫さん (無職・32歳)の悩み

私の恋愛に関する悩みはいくつかありますが、その一番の大きなものというのはやはりモテないということです。

私は現在32歳になりますが、結婚はおろか一度も男性とお付き合いをしたことすらありません。

原因は自分でもなんとなくは分かっているのですが、やはり自分の外見にあると思っています。
外見が良くないというのがふたつ目の悩みでもあります。外見がよくなればモテないという悩みも解消されると思っています。

しかし外見を良くする方法というのは整形手術などをするという方法しかありません。
私は身なりに気を使ったり、おもしろいことをいうようにしたり、愛想をよくしたりというような、心がけでどうにかなるようなことはすべてやってきました。

しかしそれでもモテません。どうしたら男性にモテることができるのでしょうか。

自分の外見のせいで男性に振り向いてもらえず、結婚はおろか恋愛すら成功したことがないという猫さん。しゃべり方などで努力はしているようですが、どうしたら彼氏を作ることができるのでしょうか?

実は顔より性格が大切

最初にこんなデータがあります。マクロミル『結婚と恋愛に関する調査』によると、男性が恋人に求める条件として、ルックスが好みであることを挙げている人の割合が、29.6%であることが公表されました。

実に3割の男性が女性のルックスを見て恋人にしたいかどうかを判断していることになります。一方、ルックスを上回る条件として42.4%もの男性が「優しい女性」を恋人にしたいと回答しているのです。

一見、3割もの男性がルックスを重視しているということで、容姿に自信がない人はさらに意気消沈しそうですが、それ以上に性格を重視している男性が多いことが分かるでしょう。

加えて、この調査では、「顔が良い」ではなく「顔が好み」と回答しているところがポイントです。女性にも男性の顔の好き嫌いはありますが、男性も美人、不美人以前に好き嫌いを重視しているのであって、必ずしも3割の全員が美人が良いと言っているわけではないのです。

顔を追い求めると恋愛は遠ざかる

猫さんのお悩みの話に戻りますが、恐らく彼氏さんができない原因は顔以外の何かに問題があるのではないかと思います。それは、話し方や雰囲気が暗かったり、ネガティブさを醸し出してしまっているのではないかと思います。

ご自身は「おもしろいことをいうようにしたり、愛想をよくしたりというような、心がけで」とおっしゃっていますが、性格が明るくポジティブな人は意識せずそうなっているものです。ですから、少し無理しているところが男性に伝わってしまっている可能性を感じます。

それはどこから来るかといえば、「自分は美人ではない」という悩みから来るのではないかと思います。

よくよく考えてもらいたいのですが、自分で自分のことを美人だと自信をもって言える人が、この世にどれほどいるのでしょうか?

多くの人は、自分の顔のどこかしらに不満があるものです。ホクロが気に入らない、鼻がもっと高ければいい、目が二重になればいい。など、挙げたらきりがありません。そして、一度、欠点が気になってしまうと、どんどん自分の顔が原因で彼氏ができないと、まるで親から授かった顔をスケープゴートにしてしまうかのような言い訳をしてしまいがちです。

本来は、性格だったり、趣味だったり、男性も様々な要素で恋人になってくれる女性を探しています。しかし、顔の一点だけに意識が向いてしまっている人は、永遠に自分の強みに気がつくことができません。そして、恋愛のチャンスを逃し・・・そして恋愛経験が少なくなってゆくので、どんどんネガティブになってゆく。

悪循環に陥ってしまうのです。

自分の強みを客観的に分析すること

なぜ、彼氏ができなかったのか?を考えることは得策ではありません。先ほどお話したように、自分の欠点に意識が集中してしまうと、性格的にネガティブになってしまうからです。

それよりも、どこが他の人と比べて強みなのか?どんな男性なら自分のことを好きになってくれるのか?自分を商品に見立てて客観的に見つめ直しましょう。

大切なことは、絶対に「自分には取り柄なんかない!」という答えを出さないようにすること。そんな答えを出した時点で思考停止するからです。

1つでも良いから誰にも負けない強みを考えましょう。そして、見つけたら、その強みをどうアピールすれば男性の目に留まるのかを考えることが重要です。

この考え方のクセをつけることで、後ろ向きな発想をする悪癖をやめ、前向きでポジティブな自分を作る訓練をしてゆくのです。その先に男性との出会い、そして恋愛や結婚が待っているのではないでしょうか?