彼氏からキスをしてもらいたい!自然にキスをねだるテク

彼氏にキスをしてもらう

唐突ですが、はじめに豆知識から。フレンチキスってディープキスのことだって知ってました?筆者はてっきり軽いキスのことだと思っていました。少女漫画ではフレンチキス=軽いキスとして描かれていますよね・・・。

そんなこんなで、キスのことを調べているうちに、日本人って本当にキスをしない文化だぁという考えに至り、そうだ!だったら彼氏さんからキスをしてもらうテクニックについて書こう・・・と、本日のテーマを思いついた訳です。

能書きが長くなりましたが、本日は、彼氏へ上手にキスをねだる方法について考えてみたいと思います。

ご飯粒をほっぺにつける

彼氏にキスをしてもらいたいなら、ハッキリとキスして欲しいことを伝えないと伝わりません。男性は残念ながらそれほど感の鋭い生き物ではないのです。

でも、ダイレクトにキスしてっていうと、ちょっぴり恥ずかしいし情緒もへったくれもないですよね。そこで、簡単な”言い訳”を作ることをオススメします。

最初は、ご飯粒をほっぺにつける!です。もちろん、ほっぺにご飯粒をつけたところで黙っていては、「ほっぺにお弁当ついているよ」と口で言われるか、指で取られてしまうのがオチ。

そこで、「ほっぺのご飯粒をキスでとってよ~」と言ってみましょう。普通にキスをねだるより、冗談ぽくって茶化した感じなので、お互いに変な雰囲気になりすぎません。彼氏もちょっとだけ照れながらキスしてくれると思いますよ。

キスしての言葉を冗談ぽく崩して彼氏に構えさせないのもオトナの女性のテクニックなのです。

ポッキーでキスはテッパン

テレビのCMやちょっと昔の映画などで登場したアレです。ポッキーの端と端を一緒に食べてゆくやつですね。

テレビのCMで流れたタイミングで、「あれ、やろうよ~」と言ってみましょう。彼氏から、え~と言われるかもしれませんが、片方を咥えて、はい!といえば、頑なに拒否する男性はいないでしょう。

どんどん二人で食べてゆけば必然的にキスする仕組みです。ポッキーのチョコが上手くからまって甘いキスの味がすることでしょう。

ちなみに、ポッキーのキスはおちょぼ口のキスになるから、ディープキスだと口臭が心配なんてときにも使えるテクニックです。キスの前はモンダミンで口臭対策をするのも悪くありませんが、ポッキーで口臭を防止しつつ口と口でキス。ダメですかね?

一緒にお風呂に入ったら迎え合わせ

ちなみに、お風呂に入った時はラブラブなキスをする最大のチャンスだってことはお気づきですか?もちろん、入浴の後はベッドで愛を確かめ合うなんてのはお決まりですが、その前にキスを楽しめるかどうかで、その後の濃厚さも変わってきます。

一緒にお風呂に入る時、どんな体勢で入りますか?二人とも同じ方向を向いて、彼氏に抱きしめてもらうパターンで入っていたりしませんか?

実は、この体勢で一緒にお風呂に入ってしまう人って多いと思うんです。

確かに二人に体が密着することでスキンシップが図れる側面はあるのですが、キスには不向き。どうせ、入浴後にスキンシップを図るのですから、お風呂ぐらいキス優先でおねだりしてみましょう。

まず、お互いに向き合って浴槽に入ります。そして、両手で彼氏を迎え入れるようにして、「キスして~」って言ってみましょう。彼氏があなたのことを抱き寄せてキスしてくれるでしょう。

ポイントは、お互いに迎え合わせでいるので、おしゃべりしていても間がつながらないこと。つまり、お互いの顔を見ながらしゃべるって、結構、沈黙の間があいてしまったりして、瞬間的に気まずい雰囲気に陥りやすいのです。この間を使って、「キスしてよ~」と言うと、彼氏も自然と間をつなぐためにキスをしやすいということなんです。

まとめると

最後にまとめると、単にキスしてというより、何かしら冗談めかしたり、妖艶な感じではなく、遊び心たっぷりでキスをおねだりする方が成功率は高そうです。

本日ご紹介した方法はあくまで筆者の「妄想」かもしれませんが、ちょっと試してみてください。彼氏に嫌がられず、それでいて楽しくキスをおねだりできるはずですよ。