海外旅行後に別れるカップルの3つの特徴

二人で海外旅行

成田離婚なる言葉があります。これは、ハネムーンを終えたカップルがすぐに別れてしまうことを揶揄したことばで、成田空港で到着した途端に喧嘩別れする様子になぞらえています。

これと似たような言葉で、海外旅行デートをしたカップルが成田で別れることを「成田破局」と呼ぶのだそうです。(日刊SPA『海外旅行後に別れるカップルの問題点とは?「成田破局」に陥る男の3つのポイント』)

そんな成田破局をするカップルとはどのようなカップルなのでしょうか?

事前にプランを話し合っていない

海外旅行の後に別れてしまうカップルの特徴として、お互いに旅行のテーマが一致していないことがあげられます。

テーマとはなんぞや・・・と思われるかもしれませんので、少し説明を加えます。

海外旅行は普通の国内の旅行と違って、頻繁には行けない場所です。だからこそ、効率よく楽しむ必要があります。

一般的には、寺院や美術館などの観光名所を周ろうとか、たくさん美味しいものを食べようなど、どのように楽しむか決めて、旅行プランを練ります。そのプランに沿って、行くエリアを決めるためです。

たいてい、旅行のテーマにより行動するエリアも決まってきます。美味しいレストランも行きたいけど、観光名所も楽しみたい。そんなすべての要求を叶える旅行は、時間的にも無理なのです。

これを事前に十分にしていないと、「私は、あのレストランに行きたい!」「僕は、隣町の美術館に行きたい!」など、二人の行きたいエリアがバラバラになってしまい、結果としてなんだか不満の残る旅行になってしまうことでしょう。

これが、喧嘩の原因。そして、この人と一緒に旅行に行っても、なんとなく楽しくなかったというモヤモヤした気持ちだけが残るのです。そして、恋愛終了・・・。

やはり、海外旅行は綿密にプランを決めて行きたいものです。

スケジュールがカツカツ

海外旅行は、せいぜい3泊4日から長くても1週間程度でいくものです。しかし、ハワイやグアムなど島国を周るのならいざしらず、大陸系の国へ旅行へ行く場合は、1週間あっても時間が足りません。

そこで、欲張ってあれもこれもと、たくさん旅行プランに入れ込んでしまって、日程をカツカツにしてしまう人をしばしば見かけます。

しかし、予定を入れすぎてしまうと、ただでさえ海外に出かけて気を張っているのに、歩いてばかりで疲れてしまった!そんな事態になりかねません。

疲れてぐったり!そして、イライラしてくる。しまいには予定通りに行動ができなくてお互いに喧嘩をはじめてしまう。そして、恋愛の終焉。

こんなパターンも多いようです。

日本人はとにかく欲張りすぎるところがあるように思いますが、海外の人は、海外旅行に出かけたときこそ、のんびりします。

だって、休暇として出かけているのに、平日以上に忙しくしたって仕方がないと考えているからなんです。

二人でビーチで日がな一日ボーっとする。そんな海外旅行にしてしまっても良いかもしれませんよ。

日本と同じサービスレベルを求める

日本のサービスは世界一だと言われます。ホテルでは常に熱いお湯が出るし、どんな飲食店に入っても失礼な店員を見かけることはまずありません。

しかし、海外は違います。ホテルでお湯が出ないなんてトラブルは日常茶飯事。タクシーは乗車拒否するし、飲食店の店員も雑なサービスでお出迎え。よほどの高級店にいかない限り、そんなの普通です。

一方、日本人は最高のサービスを海外の人にまで求めてしまう傾向があります。そして、要求が満たされないとイライラしてしまう。

繰り返しになりますが、二人で海外旅行に出かけてイライラしているようでは、二人の思い出まで悪いものにつながってしまいます。それは、相手の印象と重なって、破局へと向かってしまうきっかけになるのです。

間違っても海外で日本のような高品質なサービスを求めてはいけません。あくまでも「郷に入っては郷に従え」の精神で、心を広くもって過ごすことをオススメします。

多少のことでイライラしない。そう胸に誓って二人の時間を素晴らしいものにしてほしいと思います。