いつも暗い彼氏を明るい性格に変える3つのベストな方法

暗い性格の彼氏

いつも、どんよりどよどよ、暗い性格の彼氏さんと一緒にいると、そんな彼を愛していたとしても辛いものです。

どうしたら彼氏を明るい性格へ誘うことができるのでしょうか?彼氏を明るい性格へと変化させて、希望ある未来を手にする方法はあるのでしょうか?

そこで、本日は、暗い性格の彼氏を明るく変化させる方法について考えてみたいと思います。

付き合う友達を変える

類は友を呼ぶという言葉がありますが、暗い性格の人には暗い友達が集まってきます。明るい輪の中に一人だけ暗い性格の人が混じっている・・・。そんな状況はむしろ少ないと言えるでしょう。

暗い人同士で集まって、暗い話をして余計にみんなで暗くなってゆく。そんな悪循環に陥っていること間違いありません。

そこで、交友関係の見直しからはじめましょう。もちろん、彼氏に対して、これまでの友達と付き合うな!とは言う必要はありません。トラブルの元です。

その代わりに、あなたの友達を交えて遊ぶ機会を積極的に増やしてみましょう。それだけで、彼氏が暗い友達と関わる頻度を減らすことができます。

あなたの明るい友達と遊ぶうちに、明るいことは楽しいことと認識するようになるはず。そうなれば、好循環が生まれ、「また明るい友達と遊びたい!」と感じるようになるのです。

時間はかかるかもしれませんが、付き合う人間関係を変化させるだけで人は十分に明るくなれるものなのです。

あなた自身が明るく振る舞う

彼氏を明るくするためにはあなた自身の協力も必要です。彼氏がどんなに暗くても、あなたは明るく振る舞わなければなりません。あなたが明るく振る舞うことで、彼氏の感情もコピーされてゆきます。

これをミラー効果と呼びます。ミラー効果とは、一言で表すと「親密な関係では相手と同じ動作をすることが多く、好意を抱いている相手と同じ動作をしてしまうことなどもミラー効果である。(出典:アクティブ アンド カンパニー『ミラー効果 / ミラーリング』)」ということです。

あなたに対して恋愛感情がある彼氏であれば、自然とあなたと同じ行動を取ろうとしてしまうものです。その効果を活用して、あなた自身が明るく振る舞うことで、彼氏に明るく振る舞うことを仕込んでみましょう。

あなた自身が明るくなれない時は、テレビのお笑い番組にチャンネルを合わせて、彼氏と一緒にゲラゲラ笑っても構いません。明るい好循環を作るべきです。

ON/OFFを明確にする

そもそも、彼氏が暗い原因はなんでしょうか?生まれつきでしょうか?それとも、今、悩み事を抱えていて、その悩み事が彼氏を暗い世界へと引きずり込んでいるのでしょうか?

もし、彼氏に悩み事があり、それが原因で暗くなっているのなら、ONとOFFを明確にさせましょう。

例えば、デート中まで悩みを引きずってくる彼氏であれば、デート中は悩み事を口にしないなどのルールづくりをしても構いません。

逆に、二人でまったりしているときは、徹底的に悩みを聞いてあげる。つまり、悩むときは悩んで、楽しい時間は楽しむ。そのメリハリをつけてあげましょう。

案外、悩んでいる本人はメリハリをつけられないものです。そんな時は第三者がしっかりリードしてあげることが大切です。

あなたがしっかり彼氏をリードし、メリハリをつけて上げられれば、彼氏も不必要に悩むことはなくなりますし、あなたとの絆もいっそう強いものになるでしょう。