婚活サイトで公開している男性の年収が本当か見抜く方法

年収が本当か見抜く方法

男女ともに晩婚の現代。婚活サイトを通じて恋人探しをすることは、もはや珍しくなくなりました。日本全国から男性を探せる訳ですからむしろ効率がよいともいえるでしょう。

一方、そこはインターネットの世界。最初の段階で直接会うことができませんから、相手が信頼のおける人かどうかを見抜くことは大変に難しいことです。

特に女性にとっては、相手の男性がどれほどの年収をもらっていて、安定している職業かどうかは興味の対象でしょう。

そこで、本日は、婚活サイトで男性が公開している年収が本当に正しいのかどうかを見抜く方法について考えてみたいと思います。

勤務先証明書や収入証明書は必須

婚活サイトによって採用している証明書の種類には違いがありますが、多くの婚活サイトでどこぞの者か証明するための証明書を科しています。

中でも独身証明書や収入証明を採用しているサイトを選ぶとよいでしょう。独身証明書は本コラムの趣旨とは異なりますが、はじめに不倫を目的とした男性をふるいにかける意味合いがあります。

そして本丸である、収入証明書。これは源泉徴収票を提出するもので、会社が公式に発行しているものですから嘘がつけません。これを見れば一発で嘘かどうかを見抜くことができます。

また、採用していないサイトもありますが、勤務先証明書を採用している婚活サイトであれば、将来的な安定性も推察することが可能で、出来ればチェックしておきたいですね。

働いている業種で推測する

証明書を提出していない男性に興味があったり、証明書を科していない婚活サイトを通じて恋愛の相手を探すことになった場合は、保険として業界と年齢を確認するようにします。

まず業界。相手の勤め先をダイレクトに聞いてしまっても構いませんが、何系の業界なのか聞くだけでだいたいの年収を推測することができます。

年収は、企業の良し悪しできまるよりも、どちらかといえば業界で決まるといっても過言ではありません。分かりやすい例を言えば、介護や保育の業界で年収1000万円以上稼いでいる人は稀です。一方、IT系の企業で働いているなら年収800万円は珍しくありません。建設業界で営業として働いていれば1000万円越えの人もいるでしょう。

年収ラボ『業種別、業界別 平均年収ランキング』などのサイトで年収と業界の相関関係を調べることができるでしょう。

年齢で推測する

相手の年齢でも年収を推測することができます。例えば、20代で1000万円以上の年収を得ているなどと書いてあれば、まず疑った方がよいでしょう。

もちろん、20代の男性で1000万円越えの稼ぎがある人が、この世にいないとはいいません。しかし、その確率はかなり少ないでしょうし、そもそも、そのような成功者が婚活サイトに登録していることを疑うべきです。

逆に30代後半で1000万円越えであれば、信ぴょう性は高まります。先ほどご紹介した働いている業界と組み合わせて考えることで、より一層、信頼性もあがると思いますね。

ちなみに、20代で年収が350万円くらいしかない・・・。そんな人でも、将来性を考慮すれば、結婚もありと判断することも可能です。むしろ、正直に350万円程度と書いている時点で信頼できる人かもしれませんし、先ほどの業種で見抜く方法を勉強しておけば、30代になってから一気に年収が上がる可能性も模索することができるからです。

あくまでも、今の年収よりも、将来性という観点を取り入れて考えることで、よりよい結婚相手を見つけるきっかけになるでしょう。