恋愛が苦手な男だと思っている男性の特徴3つ

恋愛が苦手な男性

恋愛が苦手だと思っている女性がいるのと同様に男性の中には恋愛が苦手で自分なんか絶対に好きな人と付き合えないと思っている人がいます。女性からすると、そんな男性がどんなところに苦手意識をもっているのか分かりにくいものですね。

そこで本日は、恋愛に対して苦手意識を持っている男性の男心に迫ってみたいと思います。

話しがつまらないと思っている

初対面の人と会話が続かないことに対して苦手意識をもっている女性は多くいると思います。同様に男性にもこの手の不安感をもっている人は比較的多くいます。

はじめて会った時に、結構、おしゃべりで、明るい印象の男性に多いのではないでしょうか?会話が途切れることからくる不安感から多弁になってしまうのです。

根本的に自分は話しが苦手だと思っているため、付き合いが長くなれば長くなるほど、どんどん無口になる傾向があり、その経験からさらに会話が出来なくなってしまいます。

恋愛をすることは、相手と仲良くなって、愛を深めること。そのためには楽しい会話が欠かせません。苦手意識をもっている男性は、この「楽しい会話」をする自信が無く、恋愛に奥手になってしまうのです。何とも難しい男性心理ですね。

ファッションセンスがないと思っている

もちろん、あまりにもみすぼらしい姿でデートすることを良しとする女性はいません。しかし、ほとんどの女性は、ファッションセンスの良し悪しよりも清潔感を大切にします。

一方、恋愛に苦手意識を持っている男性は、清潔感や並のファッションでOKである事実をあまり理解していません。その代わり、女性に好かれるためには、雑誌などでモデルが着るようなコーデ術を身に付けなければならないと思い込んでいるフシがあります。

その為、こんな服装をしていては女性に嫌われてしまうのではないか?と勝手に思い込んで恋愛を避けてしまうのです。本当は、ちょっと綺麗めの洋服で出かければ嫌われることもないのですが・・・。それ以前に、恋愛をはじめるためには洋服以前にコミュニケーションが大切なのに、少し順序が違う気がしますね。

女性といると疲れると思っている

実は、女性よりも男性の方が群れを好む生き物です。女友達って、仲が良くても、どこか距離があって、気持ちの中では「あなたはあなた、わたしはわたし」な側面があるものですが、男性はそうではありません。結構、お互いの共通点をみつけて、いつも同じ仲間と群れたがる性質があるのです。

そのため、一旦、ベストフレンドを見つけてしまうと、そこに安住してしまう傾向があります。

そんな男性からしてみると、女性はまったく別の世界観をもった違う生き物として捉えてしまう人がいます。よく男性の中で、「女は男とは別の生き物」と表現する人がいますが、そのためです。

この手の発想をする男性にとって、理解しえない生き物「女性」と付き合う訳ですから、恋愛を疲れるものと捉えがちです。だからこそ、男心に恋愛は苦手だと考えてしまうのです。

いかがでしたか?多少、勘違いな気もしますが、恋愛に対して苦手意識をもつ男性は確実に存在します。恋愛の力で、自分の殻を破ってほしいところですが、恋愛を苦手!と考えてしまう原因はご理解いただけましたでしょうか?