守銭奴な彼氏!カネが好きな彼氏への対処法3つ

お金が大好き

お金が嫌い!と声を大にして言える人って、世の中にどのくらい存在するのでしょうか

断言できます。嫌いな人なんて世の中にいません。

しかし、頭の中がお金のことばかりだったら、それこそ不幸なことですよね。もし、あなたの彼氏がお金大好き人間の守銭奴だったら、ガッカリする気持ちは分かります。

そこで、本日は彼氏がお金大好きなカネカネ人間だった場合の対処法について考えてみたいと思います。

原因は何?

観察してみると面白いもので、お金が好きな人には二種類存在することに気が付きます。

一つは、お金を稼ぐことも好きだが、使うことも好きな人。つまり、手に入れる分、出てゆく金額も多いパターンです。もう一つは、手に入れる分、全部、貯めこんでしまって全く使わない人です。どちらも守銭奴な印象がぬぐえません。

あなたの彼氏はどちらのパターンでしょうか?

共通しているのは、どちらも「お金の使い方」を間違えていることです。稼ぐことは別として、使うことが非常に下手です。普通であれば、ほどほどに稼いで、お金を少し貯めながら適切に使ってゆくのが幸せな生活というものです。しかし、使い過ぎか使わなすぎな両極端では幸せになることなんで出来ません。

恋愛をした彼氏のこと。お金の使い方も上手になって欲しいものですね。

お金の支出金額を正す!

そこで、彼氏のお金の使い方を正す必要があります。まず、はじめに基本中の基本。お金を上手に使う方法を学ばせなければいけません。

これは一つの提案ですが、家賃や生活費を合わせて、毎月80%程度を使うことを目標にするのが良いのではないでしょうか?そして残りの20%程度を貯蓄に回すようにしてもらいます。もちろん、収入が同世代の平均給与より多い場合は、70%、60%と支出の割合を減らしてゆきます。

恋愛をしている相手なのですから、たまにはデートしてもらったり、奢ってもらうことも必要。でも、そのお金も80%の中に収まるようにしてもらいましょう。

この目標を達成するためには、家計簿を付けさせると良いと思います。最近では、クレジットカードや銀行口座と連動したスマートフォンアプリの家計簿も出ていますから、積極的に使わせるようにしたいものです。

人間関係にお金を使わせる!

もし、彼氏が趣味などにお金を使いすぎているようでしたら、モノへお金を使うのではなく、人間関係にお金を使うようにシフトさせた方がベターです。

確かに趣味を持つことは悪いことではありません。しかし、モノは買った以上に得るものはあまりありません。手元に買ったモノが残るだけです。

しかし、人間関係はモノよりも大きな相乗効果を生む存在です。

収入が多い人は人間関係の幅も広いもの。そして、壁にぶち当たった時に助けてくれるのも人間関係です。

分かりやすい例をあげれば、あなたがこの記事を読んでいるのは、彼氏を正しい方向へ導きたいからですよね?要するに助けたいのです。

恋愛でつながっているのも人間関係。彼氏も知らず知らずのうちにあなたに助けられている訳です。だから、飲み会、遊びなど友達を増やす、維持することに対してお金を使わせたいですね。

思い出にお金を使わせる!

もう一つ、彼氏にお金を使わせてもよいことがあります。それは、思い出に対しての支出です。

「モノより思い出」なんて、キャッチコピーをどこかで目にした記憶がありますが、このキャッチコピーは的を得ていると思いませんか?

だって、人間の人生は有限です。おちおちしているとどんどん年をとってしまいます。この瞬間の思い出は、かけがえのないもの。だから、今、この瞬間を捕まえるためにお金を使うことは有益なんです。

もしかしたら、恋愛の末、今の彼氏と結婚するかもしれません。結婚後、二人の結束を強いものにするために必要なことは、「モノを買うこと」でも、「必要以上にお金を貯めこむこと」でもありません。適切に思い出にお金を使えた人こそ、末永い結婚生活を送れるものではないでしょうか?

最後にまとめると、守銭奴、お金が大好きな彼氏は、お金の使い方が下手な人であることをお伝えしました。適切にお金を貯めながら、人間関係、思い出にお金を使えた人こそ、幸せな道を歩むことができるのです。