彼氏の手料理がマズイ!そんな時の対処法と上達させるには

彼氏の手料理

彼氏が腕によりによりをかけて作った手料理。味も最高!・・・。と、言えれば良いのですが、おくびにも美味しいとはいえない。そんな時、あなたならどうしますか?

不味い!とハッキリ言えれば良いのですが、彼氏が傷つきそうだし、かといって、何度も何度もマズイ料理を食べるのも苦痛。では、どうしたらよいのでしょうか?

そこで、本日は、彼氏の手料理が不味い時の対処法と彼氏に上達してもらう方法について考えてみたいと思います。

はっきり言うのか問題

まず、最初に、彼氏へ味が美味しくない事実を伝えるかどうかという問題を考えなければなりませんね。

不味い料理をしょっちゅう食べ続けるのは、気持ちも落ちるし、あなたの恋愛感情に影響を与えるかもしれません(笑)

結論から言ってしまうと、筆者は絶対に言うべき!と考えています。その理由は、美味しいのか不味いのかハッキリしないと、彼氏も成長できないし、そもそも、もし、今の彼氏と結婚することになり、あなたが出産を迎える際は、夫も家事を手伝う必要が生じます。その時に、美味しくない料理を食べさせられるのは、想像以上に辛いものです。だって、毎日のことですから。

そこで筆者が提案したいのは、ハッキリ、「不味い」と言うのではなく、「ありがとう!頑張ってくれたね。でも、もっとこうすると美味しくなるよ」と間接的に伝えるようにすると良いでしょう。よほど、勘の鈍い彼氏でない限り、あー不味いんだなと気が付くでしょう。

そして、一緒に料理を作りながら、彼氏に学んでもらうようにしましょう。結局、料理も勉強です。女性でも料理が苦手な人は多くいます。でも、結婚後、毎日食事を作ることで上達してゆく人がほとんどです。男性にも同じことが言えますよ。

最初はカレーから挑戦

では、彼氏に料理を学んでもらう上で、何から挑戦すれば良いのでしょうか?

これは、筆者の考え方ですが、最初から日本料理に挑戦することは、少し難易度が高いと思います。そこで、おススメしたいのは、カレーやシチューなどベタなものからの挑戦です。

しかし、野菜を煮込んでルーを入れてといった単調なものではなく、ハンバーグカレーや欧風カレーなど、少し手の込んだものから始めてもらいましょう。

もちろん、野菜は大鍋に入れる前に炒めますし、ハンバーグはひき肉をこねるところからはじめます。考えてみると、焼く、炒める、煮るなどの料理の基本がまんべんなく入っていながら、ルーで味を調えられるので、失敗しにくい料理。だからこそ、彼氏の自信ややる気にもつながりやすい一石二鳥な料理と言えるでしょう。

次にお菓子作りに挑戦

次に挑戦したいのが、お菓子作りです。お菓子作りは、繊細さが要求される料理で、砂糖の配分など、調味料の「入れすぎ」「使い過ぎ」が、味にダイレクトに反映します。もちろん、一緒に作れば恋愛を温めることにもつながりますよね。

最初はクッキーなどの手軽なものからはじめましょう。そして、生地に入れる砂糖などの分量が多すぎたり少なすぎると味も落ちることを学んでもらいます。適量とは何かを考えてもらうきっかけ作りをします。

次に、ケーキなどの生クリームに進むと良いと思います。ホイップクリーム作りで、クリームを「解く」ことも学んでもらいます。チョコレートを溶かして、チョコレートケーキなども良いと思います。

つまり、お菓子作りを通じて、調理器具の使い方と適量とは何かを学んでもらいます。カレーでは使わなかった調理器具に触れてもらうことで、料理の幅を広げてもらいます。

そして日本料理

やはり、日本人として最後には日本料理を学んでもらいたいものです。日本料理は、調味料を「ほどほど」に使うことに意味がある料理です。入れすぎだと味が落ちるし、出汁に代表されるように下味が決定的な味付けに影響する料理です。

もちろん、最初は出汁の摂り方から覚えられればバッチリです。さらしに鰹節を入れて湯通しする。そんな作業を一度はやってみたいものですね。

そして味噌汁など、簡単なものからはじめましょう。徐々に煮魚やお浸しなどのおかずへ発展させます。下ごしらえからしっかりやることで、シンプルな日本料理の裏には様々な工程があることを知ってもらうのです。

いかがでしたか?大切なことは段階を踏んで、少しづつ覚えてもらうことです。恋愛や結婚の裏には必ず食事があります。もし、彼氏の手料理が美味しくなったらホレ直すこと必定ですね。ぜひ、勉強をしてもらいましょう!