会話が続くか不安!彼と長時間ドライブの悩みはこう解決する

ドライブデートが怖い

主に電車やバスを使ってデートをするなら、会話が続かない不安も緩和することができますが、長時間のデートともなると密室に二人だけで過ごさなければならず、不安はひとしお。

しかし、ちょっと遠出するならやはり車を使った方が便利ですよね。そこで、本日は、彼氏と長時間、ドライブをするデートになった時、会話が続くか不安な方へ解消法をご紹介したいと思います。

必ず自分が好きなCDを持ってゆく

少し古典的な方法かもしれませんが、自分が詳しく語れるCDを持ってゆくのも会話を続けるためのテクニックです。できれば、共通する趣味の音楽を用意できればよいのですが、そうでなければ、最低限、バンドメンバーについて語れるとか、曲の完成秘話を語れるなど、話題に事欠かない音楽がお勧めです。

あなたがドライブ中に会話が途切れて気まずい感覚は、実は、彼氏の方も感じていることが多く、お互いに何か話題を提供してくれ!なんて思っていることがほとんど。そんな時に、あなたから口火を切り出すことができればバッチリですね。

万が一、あなたが一方的にしゃべる状況になったとしても、せめて無言という苦しい時間を回避できる点で彼氏も助かるに違いありません。

なお、ドライブデートがスタートした直後から曲をかけるのはルール違反です。もしかしたら、彼氏の方が話題を用意しているかもしれませんし、結局、後半に話題が尽きてしまい辛い状況に陥ってしまうかもしれないからです。

共通の趣味の話題を複数用意しておく

できれば用意しておきたいのが、共通の趣味に関する話題。先ほどの「自分の好きなCDを用意しておく」は、一方的に自分の趣味について語るテクニックでしたが、こちらは会話のキャッチボールが成立する話題です。

例えば、どこのお店でグッズを買うとよい、とか、趣味仲間についての話題でも良いかもしれません。できれば、相手がまだ知らないことを用意しておくとバッチリ。

会話が弾むポイントは、「情報」→「気づき」→「驚き」のステップを踏むことで盛り上がります。すでに知っている内容を話しても、さほど盛り上がらずに終わってしまいます。

しかし、場合によっては、持ち込んだ話題を彼氏がすでに知っているなんてことも。だからこそ、複数のネタを用意しておくことをお勧めします。

デート先の周辺情報を詳しく調べておく

デートの行先に関する情報をあらかじめ詳しく調べておくと話題作りに役立ちます。

例えば、温泉旅行なら近くの神社仏閣や景色が綺麗なポイント。スキーなら、周辺のホテルのバイキングなどの情報といった具合です。ドライブの定番、道の駅などもよいでしょう。

これは、周辺情報を調べておくことで、自分から色々彼氏にデートプランの話題作りを提供することで、「デートのプランニング」という会話を作り出すことができるからです。

先ほどの温泉旅行を例に取ると、車で温泉にいって、男女別々のお風呂に入ってもつまりません。そこで、温泉に向かうまでに色々立ち寄りたい場所を提案することで、より一層楽しいものにしようとするあなたの気持ちが二人の会話を盛り上げるといった具合です。

もちろん、彼氏も事前に色々と調べてきているかもしれません。そこにあなたの希望を伝えることで、「こうしよう」「ああしよう」と会話が弾むみます。

最悪、寝る

それでも会話に詰まったら・・・。寝るなんてことも悪いことではありません。寝たら嫌われちゃうかも・・・。そんな不安があるのなら、「昨日、遅かったから少し寝ていい?」と聞けばよいだけのことです。

彼女がデートで寝てしまったので、自信を無くした!恋愛の感情が薄れた。そんな話を聞きます。しかし、これはコミュニケーション不足からくる悲劇。

あくまで一言、彼氏に対して断りをすればよいだけなのです。

いかがでしたか?長時間のドライブともなると会話が心配になることは当然です。しかし、事前準備をしておけば怖いことはありません。